ワークアウト サプリメント 海外通販 マイプロテイン

【マイプロテイン】異物混入騒動について

②2020/9/25追記あり

①2020/9/18追記あり

マイプロテインにて、異物混入(虫)でちょっとした騒動になってます。

当サイトの思うところと、今後の方針を少しばかりご案内しておきます。

新情報が出ればこの記事を更新します。

異物混入騒動について

 

最初はTwitterでしょうか、当方も確認しましたがけっこうな衝撃映像でしたね。

以前もプロテインの中にネズミが入っていたって騒動がありましたが、あれば購入者の自宅で混入したって結論になり、マイプロ側に非が無かったって事件がありましたが。

 

今回に関しては、マイプロテイン側も非を認めた感じですね。

しかしながら、工場では無く配送中に混入たって理由の発表・・・。

工場の製造段階での不備では無く、梱包ミス(袋に穴が開いていた?)って理由にしたいのか?

 

どちらにせよ、清潔(潔癖症気味)な日本人相手のこの不備は頂けません。。。

日本に関しては、大らかな性格の国などとは一線を画す国です。

この手の不備は徹底的に叩かれます。

 

マイプロテインの見解

 

ヤフーニュースなどで報道されたのが9/15の午前11時位。

今この記事を作成しているのが9/17の午前2時。

「直ぐ情報が発表されるのかな?」

と思って、様子を見て記事化を待ってましたが我慢できないので記事にした次第です。

事件が公になってから2日近く経過してますが、未だマイプロテイン公式サイトTOP画面での発表がなされてないです。

凄く分かりづらい場所に謝罪コメントがひっそりと記載されてます。

以下リンクです。

 

お知らせとお詫び

 

これも非常にマズイです。

 

もうかなりの消費者が目にしてしる案件です。

堂々と掲載するべきです。

 

事情は分かりませんが、マイプロファンとしてはいち早く情報を得たいのが本音です。

 

Facebookのマイプロのフォーラムでもザワついてますが、そっちはマイプロからのコメントがなされてない状態。

 

外資の責任者はその辺の温度感が日本人と違うのかな・・・。

 

当サイトの今後の方針

 

結論を先に言ってしまうと、、、

「今後も継続してマイプロテインのアイテムを紹介していく」

が基本的な方針です。

 

ミスは誰だって、どの企業だってあります。

問題はその後の取り組みだと思います。

日本に進出してきてから、驚異のコスパでお世話になってきました。

当方も、皆さまも。

 

これは「初回の不備」です。(袋の破れとかは除外して)

「雨降って地固まる」ではないですが、今回の一件で品質チェックの向上をしてくれれば良いと考えます。

 

しかしながら、同じ不備が2度再発した場合(今回のロット以外で)

に関しては、今後の方針を変更させていただく事も検討していきます。

 

期待と言いますか、懸念と言いますか、マイプロの責任者の方も分かっているとは思いますが、、、

日本という品質に世界一こだわるお国柄で、2度目が出たら日本市場は恐らく「撤退」になると思います。。。

 

せっかくコスパが良く、利用者も急増している最中にてマイプロ的にも踏ん張り所だと思います。

今後の結果に期待します。

 

2020/9/18追記

 

最初に断っておきますが、マイプロテインを擁護している訳ではありません。

世界と日本のズレを痛感したという記事です。

 

色々なメディアで今回の騒動に触れてますが、某商社のツイッターにあったコメントが妙に納得感があったので、転記しておきます。

海外の小麦や燕麦などの商品には一定の確率で虫の卵が入っています。 この為、日本の高温多湿な環境では孵化して繁殖する事は珍しくありません。パスタでもよくあります。

 

これに関しては当方も知ってました。

 

次に、

人体に有害な物質と違い、虫や毛の混入は褒められるべき事では無いものの、大騒ぎする程の事ではないと考えられています。 弊社も昔、パスタで虫が湧いたと報告しても「Sorry」の一言しか返事が来なかった経験があります。 日本以外の国ではほぼ、同じ感覚です。

 

これも何となく海外の価値観・文化を考えれば容易に分かる事です。

 

最後に

「安全性と不快感が日本では混同されてしまう」

一連の投稿に寄せられたリプライに対して、同社は、「誰でもうじゃうじゃと虫が動いていれば気持ち悪いし、食べたくないですがそれで全ロット回収まで要求する国は日本くらいですね」と書いている。

 

これです。

激しく納得です。

 

後述に、

異物混入については欧州と日本、どちらが文化水準が高いという話ではなく、「安全性と不快感が日本では混同されてしまう」「(人体に影響はないという)本質を見るか、不安心理まで安全に含めるのかという価値観のすれ違いに過ぎないのです」と見解を述べた。

今回の件について、マイプロテインの販売元も「調査の結果、製品の欠陥は、消費された場合、人の健康へのリスクをもたらすものではないと結論付けました」としている。

ただ三幸貿易は、虫の混入について「はっきり言って、弊社もものっすごく嫌です。クレームが発生して引き取りに行くと、確認するのですが失神しそうになります。なので、お客様の気持は痛いほどよくわかります」とコメントした。

 

日本では大騒ぎしてますが、実は海外では大したニュースでもありません。

当方も日本人にて、騒ぎに発展するのは当たり前と思います。

ですが、こういったコメントを見てみるといかに世界を知らない自分を痛感してしまいます。

 

何が言いたいかと申しますと、、、

 

異物混入に関しては、日本も海外も当然起こりうるトラブルです。

んで、いちいち大騒ぎしちゃってたら、海外通販なんて利用できないです。

いつの間にかマイプロテインが日本の企業ちっくに認識されてるみたいですが。。。

 

破格のアイテムを享受させてもらってるんです。

これ、アメリカのアイハーブでも起こりうる事ですよ。

安くサプリメントを入手したいなら、こういったトラブルも起こりうると認識して利用した方が気が楽です。

お金で不快感が払拭できるなら、ちょっとお高い国産サプリメントを利用すれば良い事です。

 

「日本市場に合わせた品質管理と、高品質な商品を提供しろ」って要求するなら、「コスト掛かりますが、それで良ければ。。。」って話になるでしょう。

営業努力が足りん!と騒ぐなら、それもまた的外れな要求かと思います。

世の中は何でもトレードオフです。

国産のサプリなんて品質高いですよね?

でも価格もそれに合わせてやや高いですよね?

そーゆー事です。

何もかも欲しがっても手にする事は困難だと思いますね・・・。

 

2020/9/25追記分

 

マイプロテインにて、更なる追加調査の結果が公表されてます。

概要としては、

  • 第三者の専門家に調査依頼した
  • シンガポールの提携先倉庫にて汚染された可能性が高い
  • 実際には倉庫内のパレットにて、2種の虫がいた模様
  • こことは別に、世界にある直営・提携倉庫の調査を実施
  • 不備があったのはシンガポール倉庫のみ
  • 今後は包装の強化、冷蔵輸送などの対策をする

こんな感じです。

日本からの極度なクレームに対しての対応だった感じですね。

あまり多くは語りませんが、この一件から品質保持をしっかりしてくれると思われます。

当方としてはある意味期待が高まりました。

 

「カーボクラッシャーに関するご報告」

 

マイプロテインTOP

 

 

 

 

 

-ワークアウト, サプリメント, 海外通販, マイプロテイン
-, , ,

© 2020 WBC情報局 Powered by AFFINGER5