W:ワークアウト、B:自転車、C:コーヒー関連の情報発信

WBC情報局

ワークアウト

【続】夏本番!まだまだ間に合うダイエット!さらば脂肪!筋トレの巻

投稿日:2016-07-19 更新日:

前回は脂肪燃焼効果の高いHIITのご紹介をしました。

今回は、脂肪燃焼の為の土台、脂肪を燃やすエンジン、

筋肉の重要性について。

結論から言ってしまうと、筋トレの重要性を認識してないとダイエットはほぼ成功しないと思われます。

※一時的に減量し、すぐリバウントしてもアリという場合は除きます。

スポンサードリンク

 

未だ偏見と誤解が蔓延する筋力トレーニング

筋トレ・・・。あなたはどんなイメージをお持ちでしょうか?

手足が太くなる、肩幅広くなる、ボディビルダーみたいになる、等々そんなイメージをお持ちでは?

たいがいは「ネガティブ」なイメージが多いようです。

最近でこそしっかりとした知識を有したジムが増え始めて、そこに通う人もフィットネスリテラシーが向上してきてるように感じます。

でもまだまだ偏見と誤解が蔓延しているのも事実です。

まず、ワークアウト(いわゆる筋トレ)をしても心配する様なマッチョにはなりません。

そんな簡単になれるのなら、あなたはとっくにミスターオリンピア(ボディビル世界選手権)に出て、億万長者です。

もしくは各種スポーツで好成績をおさめる事でしょう。

いずれも無理ですよね?

あのキレイなモデルさんの様になりたい!

キレキレの格好良い身体になりたい!

「きっと」食事制限して、「恐らく」しっかりと有酸素運動して、「絶対」エステに通って・・・。

と「イメージ」で決め付けてませんか?

ナイスボディの芸能人やモデルさん、皆さん当然食事制限やエステ、有酸素運動してます。

でも、最も重要視しているのはワークアウト(筋トレ)です。

あまりメディアに出ないですもんね・・・。

そりゃ真っ赤な顔してバーベル上げてる美人モデルは画的に出せないのでしょう。

私の知人のモデルさんも、毎日筋トレしてます。代謝アップもそうですが、ボディラインを維持する為には絶対必要なんだとか。

目指すところはどこなんでしょう?

ダイエット、どうも方向がずれてしまっている様に感じます。

目指すのは体重マイナス5kgなんでしょうか?

それともウエストマイナス5cmなんでしょうか?

この質問をすると、「両方」って回答が出ます(当然か)

何が言いたいかというとですね、多くの人が「体重」を減らす事に躍起になっているという事なんです。

そもそも身体を細くして、かわいい・格好良い服を着たい。

ぽっちゃり体型を脱出してスリムな体型になりたい。

シュっとした顔になりたい。

等々、ダイエットの根底は「見た目」を細くしたかったのではないでしょうか?

体重減=スリム化と思っているのではないでしょうか?

なので、体重!体重!ってなっているのではないでしょうか?

でもそれは完全なイコールではありません

体重減らしてサイズ減らさず

「減量して5kg減らした!」とか言ってる人いますが、たしかに多少は細くなってますが、そんな変わってないのが本音です。(身長にもよりますが)

逆に筋トレしまくって体重2kg増えたけど、ウエスト10cm減ったという人がいました。

体脂肪率がガクっと減った訳ですので、見た目もかなり変わりました。

さて・・・、当初の目的を考えると、どっちが正解なのでしょう?

いわずもがなですが。

ちなみに、雑誌モデルの人達は分かりませんが、ガチモデルの方々やフィットネスモデルの方々は体重は気にしていない様です。

商売柄サイズや見た目が重要なので。

スポンサードリンク

 

体重に気を取られると起きる危険性

多くの人がやりがちな失敗例の食事制限ダイエット、

これで起きる減少では・・・、もう有名過ぎますね。リバウントです。

体重落とす場合、体内から減っていく物質の順番は、糖、筋肉(タンパク)、脂肪の順です。

一応、全部同時に消費してますが、比率が違います。

なので、食事制限した場合はたいがい筋肉低下で代謝の悪い身体が出来て盛大にリバウントすると。

あと、筋肉が減るのでボディライン悪くなりますよね~。老人の様な身体になります。

更に女性に多いのが、無理な食事制限ダイエットで骨がスカスカになったり、生理不順になったりと。

まとめ

筋肉って、「信用」と似てます。落とすのは簡単ですが、付けるのは非常に苦労します。

目指すボディ、目指すサイズ(ウエストとか)、それを実現するのは筋トレと食事管理です。

CMでもご存知、結果にコミットする某有名ジムもその2本立てですね。

45kgのぽっちゃりよりも、50kgのスリムな身体の方が良くないですか?

脂肪と筋肉の体積の比率は、1:0.8です。

さらに言うならば体重なんて、見た目では分かりません。

でも太いのは見た目で分かります。

体重気にする前に、身体引き締めた方が良いのではないでしょうか?

ワークアウトには筋肥大させて、ボディライン作る方法もありますし、肥大はさせずに引き締め効果を狙った方法もあります。

という事で、目的に合わせたワークアウト(筋トレ)をしましょう!

短期間でも確実に変わります!

スポンサードリンク

-ワークアウト
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© WBC情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.