焙煎

コーヒー豆の焙煎

3年位前からでしょうか。
美味しいコーヒーが飲みたくて有名店から通販で
焙煎豆を取り寄せて色々飲み比べておりました。
そんな時、自分で焙煎をして焼きたてのコーヒー豆
を楽しめる「自家焙煎」なるものを発見しました。
たしか雑誌に掲載されてたよーな・・・。

スポンサードリンク

 

当時は初心者の為、陶器製の焙煎器具で焙煎しておりました。
焙煎時間や火力も手探り状態でやっておりましたが、
始めて自分自身で焼いた時の感想は・・・

「美味っ!」

今でもはっきり覚えてます。

でも・・・、それから3年余り何十回も焙煎しておりますが、
あの初回の感動が無いんですよね・・・。
別に飽きたとかでは無いのですが。
何なんでしょうか、恐らくですが

「もっと美味しく焼けるのでは?」

「もっと美味しい豆(品種)があるのでは?」

といった考えがどんどん沸いてきて
最初の様な満足感が薄れているのではないか?
と最近思うようになりました。

「まーまーかな?」ってレベルの豆を友人や会社の同僚に
飲ませると「十分美味しいじゃん」と言ってくれますが、
やはり満足できない自分があります。

コーヒー焙煎は職人気質の方が多いと聞いた事ありますが、
やりだすと探究心が止まらないんですよね。

ちなみに私は陶器製の器具から、手網(銀杏を煎る時に使う器具)、
アルミ缶を加工した器具、そして・・・

とうとう電動焙煎機を作ってしまいました!

ベースとなる焙煎機を5万円ほどで購入して、カバーやベアリングを付けて
業務用の小型版みたいな感じです。
熱源は溶岩石を使ってます。遠赤外線効果を期待してますが、いまいちピンと来ないです。

こんな事してると、「いずれ脱サラ、定年退職したらコーヒー屋になりたいな」
なんて事を思ってしまいます。けっこういらっしゃるみたいですね。
こうゆう動機で脱サラしてコーヒー屋さんになる方。

またいずれ焙煎機については詳細を掲載したいと思います。

スポンサードリンク

-焙煎
-, , , , ,

© 2020 WBC情報局 Powered by AFFINGER5