W:ワークアウト、B:自転車、C:コーヒー関連の情報発信

WBC情報局

自転車 国内通販 パーツ ロードバイク 海外通販知識 海外通販 Wiggle PBK CRC

ロードバイクのパーツ購入について。国内実店舗?国内通販?それとも海外通販!?

投稿日:2016-07-14 更新日:

ロードバイク関連商品って総じてお高いですよね・・・。車体もパーツもウェアもアクセサリーも。

自身も始めて1年位になりますが、購入の際はいつもハラハラドキドキです。

と言うか毎回葛藤との戦いです(笑)

スポンサードリンク

 

まだ独身なのでそれなりに自由にお金使えますが、お小遣い制の人は大変ですね。

そんなワケで、ロードバイク関連のお買い物について語りたいと思います。

  1. 実際見て触って購入:実店舗
  2. 欲しい物がほぼ見つかる:国内通販
  3. 商品ラインナップは国内通販と同じでも価格が安い!:海外通販

【メリット】

1、実店舗の強みは何と言っても「見て触れる」事でしょう。そして在庫があれば「すぐ」手に入ります。

2、国内通販のメリットはほぼ「欲しい商品が見つかる」事、また実店舗より安い(ポイント還元など)

3、海外通販の魅力は何と言っても「とてつもなく安い」事でしょう。
自転車関連、特にロードの海外通販はイギリス、台湾、アメリカといった所でしょうか。
最近では日本語対応のサイトも増えてきて海外通販のハードルが下がってきてます。

【デメリット】

1、モノにもよりますが価格は高い傾向です。セール時に限っては通販を凌駕しますが。

2、やはり試着や実際触って購入できない点ですね。返品交換ともなると逆に高くつきます。

3、外国人相手に売買するわけです。文化の違いなどもあり、日本の通販感覚だとビックリする事も。
納品の長期化など日常茶飯事、メールでの問い合わせの返信無しなども普通にあります。
あと、返品交換時のやり取りや、商品によっては関税、外国人の体格に合わせたウェアに難儀すると。

 

こうして見ると海外通販はデメリット多いですね。

でも、でもですね、海外通販の魅力は

これらのデメリットがホワイトアウトしてしまうほどの価格帯なんです。

私は海外通販派です(笑)

セール時期などもありますが、凄い時は国内の半額以下なんて事もザラです。

しかも今は円高傾向ですので更に恩恵があります。

いずれは海外通販のやり方を掲載したいと思います。

スポンサードリンク

 

-自転車, 国内通販, パーツ, ロードバイク, 海外通販知識, 海外通販, Wiggle, PBK, CRC
-, , ,

Copyright© WBC情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.