W:ワークアウト、B:自転車、C:コーヒー関連の情報発信

WBC情報局

【番外編】知識 珈琲 焙煎 DIY

自作焙煎機のご紹介~外観・熱源・排気編~

投稿日:2018-09-25 更新日:

2018925日追記◆

ご質問頂いた件の画像と、購入可能先のリンクを追加してます。

今回は私が普段使っている焙煎機のご紹介です。

ベースの焙煎機を購入して、改造しております。

原型が分からない程改造しておりますので、焙煎機の改造に興味のある方へ少しでも参考になればと思います。

スポンサードリンク

外観

トレンドアイ焙煎機カスタム 1トレンドアイ焙煎機カスタム 排気装置

はい。説明ないと何が何だか分かりませんよね。

左の四角い箱は排気を行う装置です。(各装置の詳細は後ほど)

右の円柱状の物体が焙煎機本体です。中にパンチングドラムが入ってます。

ちょっと見づらいですが、モーターが付いており、電動式となります。

ベースとなるのは、トレンドアイファクトリー様の焙煎機となります。

パンチンクドラム形式の為、焙煎方式は「直火」となります。

が、直火は「腕」が要求される職人系の焙煎方式です。

私自身、何度も練習はしましたがなかなか上手く焼けない状態でした。

原因が焙煎機なのか、自身のテクなのか(たぶんテク・・・)

不明の為、熱源を工夫した次第です。

パンチングドラムの周囲

業務用のキッチンポットです。リサイクルショップで購入して来ました。

絶版ぽいので、近い商品を貼っておきます。
実際、トレンドアイファクトリー様から焙煎機を購入して、自作される場合はドラムや台座のサイズを確認の上購入される事をおすすめします。

このキッチンポットをグラインダで横部分と、フタ部分に投入口用のスペースを切り開きます。
ちょっと分かり辛いですが、パンチングドラムのパンチング部が見える程度に切り開いてます。

グラインダは購入しても良いでしょうが、焙煎機制作で1回位しか使わないなら、ホームセンターでレンタルって手もあります。

下から撮影した画像です。キッチンポットをグラインダで切り開いてます。

ある程度切り開いてると張力?か何かで「びよぉーん」って勢い良く切り口が開きますので、指とか切らない様ご注意。

また過剰に切り開いてしまうと熱が逃げてしまうので、これまたご注意。

画像にちらっと見えますが、パンチングドラムの位置を測り、マジックで印を付けてギリギリの所で開放すると良いです。

トレンドアイ焙煎機カスタム 下部

お次は正面側の画像です。

トレンドアイ焙煎機カスタム 正面

キッチンポットのフタをグラインダで穴を開けてます。

ドラムはそのままだとキーキー音が出てしまう為、ベアリングで支えてます。金属性のシールドのベアリングです。

お次は背面です。

トレンドアイ焙煎機カスタム 背面

背面もベアリングで支えてます。

ベアリングで支える理由は不快音もさることながら、豆の重量で抵抗がかかるためモーターに負荷がかかる事を懸念しての理由です。

ベアリングにする事により、最大焙煎量も増やす事が可能になります。

熱源

この焙煎機は「遠赤外線」を用いた熱源方式となってます。

イワタニ 炉ばた大将 炙家イワタニ 炉ばた大将 炙家 2

まずはガスで熱(炎)を出します。コンロは「イワタニ カセットコンロ 新炉ばた大将 炙家(あぶりや) CB-RBT-A」です。

あ、私のは1世代前の旧型なんですが・・・。ちなみに、新型・旧型で焙煎機に合うかどうかは、網のサイズが280×180mm規格であれば問題無いです。

↑です。

通常のカセットコンロでも良かったのですが、この炉ばた大将の形が焙煎機の形とピッタリ合うのです。

あと、U字型のバーナーも丁度良い形なんです。

そして金網の上にあるのが、「溶岩石」です。アマゾンで探して見つけました。

最後に、ちょっと見づらいのですがバーナーの穴は「2列」あります。

着火し、火力をMAXにした際の火柱の高さに不満がありました。

なので、片方の列を小さいビスで塞いでます。(あくまでも自己責任で・・・)

そうすると、塞がれた分の圧力が開いている穴から出る為、火柱が高くなります。

で、溶岩石に火が当たり石が加熱される感じです。

こうして直火が当たらない様にしました。

厳密に言うと「熱風式」になるのでしょうか。

溶岩石のメリット・デメリット

メリットは遠赤外線効果でしょうか。

擬似科学なんて言われてますが、実際焙煎していると違いは感じます。

直火でない為、温度系の上昇は緩やかなのですが、周囲の温度が直火より明らかに

熱いです!

焙煎を初めて見る知人も、溶岩石がある時と無い時は顔に当たる体感温度が明らかに違うと言ってました。

焙煎自体は「ふっくら焼けます」。豆面が良いと言いますか。

デメリットは2つあります。

1つは「周囲に与える温度影響が高い」です。

輻射熱で周囲の物体の温度が上がります。特にガス缶が。

1時間も焼いてると安全装置で自動にガス缶が外れます。

2つめはチャフが石の上に乗り、焼ける事です。

この焙煎機の構造上、「蒸らし」の段階では排気を行ってません。

その段階でチャフが焼けると「焦げ臭」が豆に付いてしまいます。

当方は水洗いや、50度のお湯洗いでチャフを極力取り除いてますが、

それでも多少は焼けてしまう状態です。

スポンサードリンク

排気

当方の焙煎機は一斗缶を使用してます。フタに「排気ファン」用の穴開けて、更に焙煎機本体からくる「吸気口」用の穴開けてます。

一斗缶 排気装置 1一斗缶 排気装置 2

フタの下にある板は何かと言いますと、吸気した際に熱風と燃えたチャフが直接ファンに当たるのを避ける為の言わば「防風版」です。さすがにステンレスは不要と思い、アルミ板となってます。

本体から熱風を引っ張ってくるパイプはステンレス製のパイプを使用してます。焙煎機に直接連結している為、高温の熱風が通る為、アルミではちょっと不安にになり、多少高額になりますがステンレスを採用しました。

ちなみにアルミ。ステンレスの融点は、アルミ約660℃、ステンレス約1400~1500℃(合金にて配分で変化します)

なので安パイ取ってステンレスとしました。

一斗缶 排気装置 ファン

排気ファンは「金属羽軸流ファン 80mm角25mm厚 9201」です。コンセトが無い為、カプラー端子オスメスセット、コネクターコード、コンセント、これらを後からアマゾンでポチりました。

参考までに下に実際に購入した物貼っておきますね。ファンは絶版になってたので、同サイズのお手頃価格のリンクを貼っておきます。

 

関連記事

自作焙煎機のご紹介~温度計・フタ編~

今回は自作焙煎機紹介の残りの部分をご紹介します。 焙煎では重要な温度管理、温度計を支えるフタ、ドラムを支える部分の ご紹介となります。

続きを見る

関連記事

珈琲焙煎 自作焙煎機の風除けと最近の焙煎環境

香川県に来てから3回ほど焙煎をしましたが、ある事に気が付き焙煎環境を少し変えてみようという事になりました。 それに伴い、焙煎機を作成した時以来のDIYにも久々トライ。 こんな感じになりました。

続きを見る

 

-【番外編】知識, 珈琲, 焙煎, DIY
-, , , , , , , ,

Copyright© WBC情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.