W:ワークアウト、B:自転車、C:コーヒー関連の情報発信

WBC情報局

ワークアウト サプリメント 海外通販知識 海外通販 サプリ系レビュー マイプロテイン

マイプロテイン製HMBと国内流通HMBのコスパ比較

投稿日:2018-10-29 更新日:

世界的に人気サプリメントのHMB、国内で販売されているHMBとマイプロテイン社製のコスパ比較をしてみたいと思います。

全てを列挙してしまうとキリがないので、有名メーカーに絞って比較したいと思います。

 

スポンサードリンク

HMBのタイプに関して

  1. 粉末タイプ
  2. タブレット(粒状)タイプ
  3. カプセル

主に上記3種でしょうか。

粉末は味がダイレクトにきますので、苦手な人は必然的にタブレットやカプセルになるでしょう。

コストに関しては、やはり粉の方が安い傾向になります。

複数ラインナップを用意しているメーカーは少ない為、一緒に比較してみます。

比較対象に関して

基本的に「HMB」単体に対しての比較になります。

商品によっては他の栄養成分が入っていたりしますので、純粋なHMB量を算出して比較します。

比較するメーカー

アマゾンで販売しているメーカーになります。マイプロテインは本家サイトの価格で比較となります。

  • マイプロテイン
  • ビーレジェンド
  • バルクスポーツ
  • ナウフーズ
  • オプチマム
  • DNS
  • ファイン・ラボ

他にもかなりの数のメーカーが販売してますが、あまり聞いた事ないメーカーもあったりで今回は比較から外してます。

 一般価格形状HMB量1g/
単価
コスパ
順位
マイプロテイン粉状¥6,2551,000g¥6.255
マイプロテインタブレット¥1,35090g¥15
ナウフーズ¥1,455カプセル60g¥24.25
オプチマム¥3,080カプセル90g¥34
DNS¥3,996100g¥39.9
バルクスポーツ¥4,88690g¥52.3×
ビーレジェンド¥5,98090.45g
※推定
¥66×
ファイン・ラボ¥6,7805g¥1,356×

まとめ

まぁ、予想通りと言えば予想通りの結果になりましたが・・・、

他の聞いた事ないメーカーとかで、22円/1g位の所もありましたが、この辺が限界でしょうか。

マイプロテインは「通常」価格ですので、セール時は更に4割位安くなります。

もちろん、容量の多いモノになれば単価は安くなる傾向ですが、やはり国内流通アイテムは高めの傾向です。

しかしながら注文から納品まで、さらに返品が必要になった際は国内通販の方がアドバンテージがあります。

個人的には毎日トレーニングしていて、消費量が多い人はマイプロテインなど海外通販、週1回とか2回位の人なら国内通販でも良さそうな気もしますが・・・。

使用頻度と量、あと味の好み、飲みやすさ(粉、タブレットなどの違い)で選ぶと良いかもしれませんね。

 

関連記事

【マイプロテイン】THE HMB レビュー

HMB・・・、日本国内では人気のサプリメントです。 人気故か、材料の兼ね合いか価格はけっこうお高めですよね~。 今回はマイプロテインでも人気の「THE HMB」のレビューとなります。  

続きを見る

 

-ワークアウト, サプリメント, 海外通販知識, 海外通販, サプリ系レビュー, マイプロテイン
-, ,

Copyright© WBC情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.