珈琲

夏と言えばアイスコーヒー!美味しい淹れ方と種類

夏ですね~。

夏と言えばアイスコーヒーですよね。

そんなコーヒー党の夏の風物詩について語りたいと思います。

スポンサードリンク

 

アイスコーヒーの種類

大きく分けると2種類です。

お湯で抽出する方法とお水で抽出する方法

お湯で抽出する方法の特徴

まずお湯の方の特徴は「香ばしい」に尽きます。

すっかりコンビニコーヒーが根付いて来ている為、お湯の方はイメージ湧きやすいと思います。

器具に関してはお湯は通常のドリッパーなどを使用し濃い目に抽出します。

その後氷で急冷します。

お水で抽出する方法の特徴

そしてお水の方は「円やかで酸味が少なく苦味も少なめ」です。

お水の方は家庭で作っている方もけっこういるのではないでしょうか。

お水で淹れる場合は、漬け込んだり、点滴風にポタポタ少量ずつ落として

ゆっくり抽出します。

お湯・お水の各手法のデメリット・弱点

「良いイメージ」は上記の様な特徴となりますが、実は「デメリット」と言いますか、弱点もあります。

お湯の方は香りが飛びやすく、苦味や酸味が出易い傾向です。

お水の方は時間がかかる事です。

重要ポイント

氷は冷凍庫から出したばかりの氷はNGです!!!

ちょっと常温にさらした状態で表面が溶け出している状態が望ましいです。

キンキンに冷たい氷で急冷すると「香りが飛びます」!

左がキンキンに凍った氷、右が表面が溶け出してる氷。

意外に知られていない事らしいですね。

お湯とお水の抽出両方に言える事は、「濃い目」に出す事ですね。氷で味が薄くなりますので。

豆の焙煎度

一般的には深煎りとなります。

好みもあるのでしょうが、深く煎った豆の方がキレが良く、酸味が少ない傾向となります。

コーヒーの酸味はアイスにすると際立つ傾向ありまので、なるべく少ない方が日本人の口に合うようです。

アレンジコーヒー

すごーーく沢山ありますので、一部をご紹介します。

スイート・ソイ・カフェ:豆乳を使ったカフェオレ

メープルナッツアイスコーヒー:メープルシロップとピーナッツの香ばしさが美味しいコーヒー

ティラミスアイスオレ:クリームチーズを浮かべたアレンジコーヒー

ロイヤルアイスコーヒー:ブランデーと炭酸で爽やかな味

などなど。

アイデア次第で無限のレシピが存在します。

まとめ

私もアイスコーヒーは大好きで、夏場は大量に豆を消費します。

豆は深煎りに耐えられるコロンビアやグアテマラ、キリマンジャロ、ちょっと贅沢する時はケニアとかちょっとお高い豆と。

まだまだ暑くなってきます。

前日に水出しで漬け込んで翌日タンブラーに入れて会社に持って行く。

というスタイルがここ数年定着してます。

お湯より味が長持ちするんですよね~。

アレンジコーヒーにも今年は挑戦したいと思います。

関連記事:夏の定番、人気のアイスコーヒーのおすすめ抽出器具①

関連記事:夏の定番、人気のアイスコーヒーのおすすめ抽出器具②

スポンサードリンク

-珈琲
-, , , , , ,

© 2020 WBC情報局 Powered by AFFINGER5