W:ワークアウト、B:自転車、C:コーヒー関連の情報発信

WBC情報局

自転車 パーツ ファットバイク DIY

ファットバイクのクランク脱着と失敗事例[前編]

2020-03-28

 

今回、ファットバイクのクランクをメンテナンスしようと脱着したが失敗という、痛恨のミスの記事となります。

反面教師として参考してもらえれば幸いです。(笑)

また、今回初めてスペインの自転車専門サイト「Bikeinn」を利用してみました。

FATバイク用スルーアクスルと、クランク抜き用工具を購入しました。

 

Bikeinnという通販サイト

 

けっこう利用している人も増えているみたいですね。

サイト自体も日本語対応になってますし。

利用レビューに関するブログもけっこう多いですし。

 

大元は大型通販サイトである「Tradeinn」が運営する通販サイトの一つです。

 

ちょっと前は色々トラブルとかあったみたですが、ここ数年は改善されて減少傾向みたいですね。

 

色んな意味でアバウトなので、納品が遅いとか、問い合わせのメールに返信が来ないとか、日本では当たり前の事が普通にスルーされます。

 

がっつり海外の通販サイトなので、日本国内の通販と同じ感覚で利用すると不安になりますので、これは先にご案内しておきますね(笑)

 

今回購入したFAT用スルーアクスル

 

Rockshox Axle Maxle Lite Front MTB 15X200mm Bluto A1

当方のファットのフロントサスがブルートなんですが、規格が15㎜×200㎜(正確には198㎜)が日本国内の通販では「取り扱いが無い」んです。

さらっと検索するとこのヨーロッパ系だとBikeinnとアメリカアマゾンとその他少々と、けっこう選択肢が少ない感じ。

ロックショックスブルートって商品名なので、間違いないアイテム。

4,649円と良心的な価格。

 

アメリカからだと妙に送料が高いので、今回はTradeinnで購入した感じです。

 

ちなみに当方が購入したのが「ラスト1個」だったみたいで、現在絶賛品切れ中。

 

関連記事

【FATBIKE】スルーアクスル破損と調整方法

久々メンテ系の記事になりますか。 ファットバイクのスルーアクスルの「調整」の記事になります。 うっかりやっちまった案件も合わせてご紹介します。  

続きを見る

 

 

クランク抜き用工具

 

よくアマゾンとかでは「コッタレスクランク 抜き」って感じで売れている工具です。

 

コッタレスクランク 抜き 工具

自転車のクランク外す工具

楽天で探す

Amazonで探す

 

普通はこれでクランク外せますが、当方のFATは残念ながら合いません。。。

 

機構をうんちく書き出すと長文になってしまうので、省略します。

 

んで、このアイテムが必要になるのです。

スラム用みたいですが

ちなみに日本のアマゾンに似た様なのありますが、5,000円位します。

しかも海外通販の転売品なので、けっこう待たされると・・・。

 

Sram Spare Parts Torn. Extractor Gxp M15/M22 Silver

Tradeinnで買うと797円です。(送料別)

今回送料自体は820円でしたね。

送料入れても1,600~1,700円。5,000円で転売できればけっこう美味しい案件(笑)

アメリカからだと送料だけで3,500円位しますので、ヨーロッパからの方がお得です。

 

 

 

実際のクランク外し

 

原理はこんな感じ。

 

クランクのメーカーは「E*THIRTEEN」。

 

概要はこんな感じなんですが、これで意味が伝わるでしょうか・・・?

 

以下に時系列で画像掲載しておきます。

 

まずは、作業前の状態。シルバーのフタらしきものがはまってます。

これは8㎜の六角。

 

取り出します。

 

 

 

画像だと分かりづらいですが、中の15㎜直径のメスネジはクランクシャフトの先端部みたいですね。

 

外側のメスネジはクランクアーム側のものとなります。

 

つまり、外側のメスネジに「固定するための異物」を設置して、

 

内側からネジを回して、外側の異物に引っ掛けて「クランクアームを押し出す」原理となります。

 

 

 

購入した15㎜直径の部品を付けます。

 

 

 

6角で軽く締め込みます。

 

 

次に外側のメスネジに上の緑色の部品を取り付けます。

 

 

 

ここで見て欲しいのが、上記の画像。10㎜の六角で「それなり」に締めましたが、実は

「全然締め込みが足りてません」

 

そんな状態で、内側のネジを緩めて(外に押し出す)いくと。。。

 

 

※外側10㎜の六角なので、ご覧の通りスカスカとなるのが正解です。

 

 

 

じわりとクランクアームが浮いてきてます。

 

よーし、順調だぞ。

 

と思った瞬間、

 

「カーン!」

 

と乾いた音が部屋に響きました。

 

嫌な予感と同時に、嫌な汗が手の平いっぱいに・・・。

 

 

知っている人なら「あーぁ、やっちゃったね」って画像です。

 

そう、外側のメスネジ部がナメてしまった画像です。

 

飛び出ている針金みたいなのが、メスネジのネジ山です。。。泣

 

 

画像だと分かりづらいですが、クランク側(手前のネジ山)のメスネジのネジ山がまるまるぶっ飛んでます。

つるつる・・・。

もうこれで正攻法でのクランク外しが出来なくなりました。

 

完全にやっちまいました。

 

まとめ

 

この後は、

  1. 頭使わないなら、クランクを破壊してクランクセットを取り出す。
  2. 頭使って、DIYする。
  3. プロショップに持ち込んで泣きつく。

という選択肢が出てきます。

 

3に関しては。。。キャニオン受け付けてくれて、ちゃんとしたプロショップは広島のグランピーさん位しか分かりません。

広島まではさすがに遠い・・・泣

あと、結局クランクは取り外せても使用が出来ない(ネジ山作れば再利用は可能ですが)ので、結局破壊と同じ。

 

1は最終手段で・・・

 

なので、脳みそフル稼働で2という選択。

 

んで、アマゾンで取り急ぎあるアイテムを注文。

 

続編はそのアイテムを使ったDIYです。

 

納品予定は4月の中旬なので、ちょっと時間が空きます。

 

ちなみに成功するかどうかは不明なので、優しい目で見守って下さい(笑)

 

一応、チャレンジの記事は作成しますので。

 

続編をお楽しみに。

 

 

追伸

2月の末に石垣島へ例によってファットバイクの飛行機輪行旅行を決行してきましたが、今年は帰宅後体調不良が続いて記事更新が出来てませんでした。

 

ちなみにコロナではありません。

 

ぎっくり腰でござい。

 

-自転車, パーツ, ファットバイク, DIY
-, ,

Copyright© WBC情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.