W:ワークアウト、B:自転車、C:コーヒー関連の情報発信

WBC情報局

珈琲 焙煎

【珈琲焙煎】モカイルガチェフェ・コロンビア・ケニアAA焙煎

久々コーヒー焙煎の記事を。

モカ・コロンビア・ケニアと普段使いの分の焙煎でした。

最近の焙煎

 

仕事や他の趣味で時間取られて、コーヒー焙煎の検証が出来てませんが…、最近は「溶岩石焙煎」がマイトレンドですね。

 

 

「蒸らし」の段階ではプレートを敷いて遠赤外線焙煎、「焼き」の段階ではプレートを外して直火焙煎、言った感じの変則熱源で実施中。

 

 

【珈琲焙煎】溶岩石プレートを使って、1回の焙煎で複数の熱源を使用してみた件

先日の記事でご紹介した「溶岩石(バラ)」と「直火」での焙煎ですが、 注文していた「溶岩石プレート」が到着しましたので、さっそく検証してみました。

続きを見る

 

 

豆面は良く伸びますね。

 

1ハゼも直火よりは大きな音で鳴りますね。

 

肝心の味は…

 

「えぐみ」が出る事が大幅に減少しましたね。

 

他は同じ位の味わい。

 

なので、「やる価値あり」が現状の判断。

 

もうちょい暖かくなると、水洗でチャフ取りしますが、その時の味の変化が楽しみですな。

 

普段の焙煎は、400~800gの量で3銘柄位を焼いてます。

 

モカイルガチェフェG1ナチュラル

 

まー、言わずと知れた高級豆ちゃんです。

 

ゲイシャまでとは言いませんが、個性的な味ですな。

 

浅めに焼いて酸味を残して、紅茶風味で楽しむが王道(私の中でね)ですが、今回は1ハゼ終わりまで焼いてみて、浅煎り~中煎りの中間位まで焼いてみました。

 

酸味は控え目になり、コクはそのまま、風味もそのまま(モカって直ぐ分かる)感じです。

 

モカイルガチェフェG1ナチュラル

 

コロンビア スプレモ

 

我が家の「ザ定番」です。

 

だいたい1銘柄400g位焼きますが、コロンビアは一撃700g位焼きます。

 

コモディティコーヒーでは一般的にサントスが普段使いに多い気がしますが、当方はコロンビアが好みなんです。

 

標高の高い所の硬い豆にて、サントスより深めに焼いてコクを楽しむ感じです。

 

撮影下手でスイマセン。

 

 

ケニアAA

 

こちらもけっこう有名な銘柄ですね。

 

ケニアも硬い豆系なので、深煎りに耐えられる銘柄です。

 

単体でも十分美味しいですが、深めに焼いてブレンドしてエスプレッソに使ったりもしてます。

 

そう考えるとブレンドの腕を上げたいですね~。難しいけど。

 

自分自身の味覚センサーって、どの位のものなのか?

 

客観的に数値化できるものってないのかな~~??

 

 

 

次回の予定

 

次回は4月に入ってからの焙煎になりそうなので、「水洗でチャフ取り焙煎」が久々復活です。

(冬期は寒いので、水洗はしてませんでした)

 

溶岩石プレートの焙煎とどうマッチするのか楽しみです。

 

結果は記事化しますので、ご期待下さい。

 

追伸

 

カセットボンベが燃料ですが、なぜか切れる時は「2ハゼの最中」。。。

 

パニくります。

 

-珈琲, 焙煎
-, , , ,

Copyright© WBC情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.