【番外編】知識

【番外編】足が火照って眠れない時の原因と対処法 角質編

 

久々番外編が登場です。

今回は「就寝時に足が火照って眠れない」時の原因と対処法の記事となります。

色々原因はありますが、今回発見した原因はネット上に全く無かったので記事にしてみました。

 

足が火照って眠れない時の原因と対処法

 

先に言っておきますが、今回ご紹介する対処法は「即効性がない」です。

対応から数日かかります。

ただ、火照り以外にもメリットがありますので知っておいて損は無いと思います。

 

結論を先に言ってしまうと、

足裏の角質・厚くなった皮を除去をすると、火照りが起きにくい

 

はぁ・・・?

って感じの方もいるかと思います。

ちゃんと根拠もあります(個人的な体験談ですが)

 

足の火照りの原因は角質の可能性がある

 

世間一般的に判明している原因は、

ポイント

  1. 足の筋肉疲労
  2. ビタミン不足
  3. 汗の放出がスムーズにできず、熱がこもる
  4. 水分不足
  5. 自律神経の乱れ
  6. 疲れによる血行不良
  7. 病気

 

色々あり、それぞれ対処方法があります。

今回の記事は、3の「汗の放出がスムーズにできず、熱がこもる」という原因の対処方法です。

 

足の角質が溜まると、汗が出にくい

 

知っている人もいれば、知らない人もいると思います。

そして、「足が火照りやすい人」で「角質が原因って人」はけっこう絞られてくると思います。

なので、かなりニッチな情報かもしれません(笑)

 

今自分の足の裏の汗腺が、正常に機能しているか判断する方法はいくつかありますが、簡単な方法は「フローリングの床を裸足で歩いてみる」

これで、ペタペタとした感触があれば汗は出ていると思います。

逆にサラサラした感触、ツルツル滑る感触(濡れてでは無く、乾燥が原因で)であれば、汗が出て無い(少ない)状態と思われます。

子供とか若い人って、フローリング(板の間)を歩くとペタペタしますよね(笑)

あれ、しっかり汗が出ていてグリップが効いてる状態なんですよね♪

※フローリングが「ホコリ」で汚れていたりすると、ペタペタしないので、それはそれで判断にご注意。

 

 

余談ですが、手足に汗腺が多いのは物を持ったり、走るために滑り止めに汗が出るって話もありますしね。

 

角質・厚い皮を取る方法

 

世の中にはこの手の情報は沢山ありますので、今回は当方がたまにやっている簡単な方法をご紹介します。

なお、これ以降に出てくる画像はお食事中の方は見ないほうが良いかも・・・。

 

その方法とは、良くネット上とか見かける

足の皮がベロっと剥けるアレです(笑)

 

画像で見ると多くの人は「胡散臭い」・「本当に剥けるのかよ」と思っている人多いかと。

これ、本当に剥けます。

では実際の画像いきますよ~。

 

 

いかがでしょうか?

本当に剥けているでしょう。

この時はもう完全に最終段階に近いところです。

ここまで来ると手でペリペリ剥けます。

超快感です。

痛そうですが、まったく痛くないです。

剥けた後の皮がこちら

 

 

全部じゃなく一部ですね。

簡単に取れます。

 

もう一度、最初の画像です。

皮が取れた所は新しい皮膚が出て、風を感じる事ができます(笑)

スースーします。

上に古い角質・厚くなった皮膚があると、そんな風を感じる事はありませんよね?

これ、自然にかいている汗が蒸発して気化熱でスースーしてるんです。

 

 

この古い角質と厚い皮膚が「汗腺にふたをしている」状態と思われます。

足裏には沢山の汗腺がある事は皆さんご存知かと思います。

 

ここがしっかり汗をかけて無いと、熱がこもる理屈は直ぐ分かると思います。

人間って汗かいて体温下げますしね。

 

足裏パック

 

世の中にはたくさんの種類がありますが、ある程度の選び方があります。

私が使っているは40分で出来るタイプです。

これですね。

 

 

この商品を使う理由は、

  1. 効果が強力
  2. 短時間でできる
  3. 安い

こんな感じです。

当方は普段、40分のところを60分くらいやってます。

かなりしっかり剥けます(やるなら自己責任で…)

 

足裏パックのメリットとデメリットを記載しておきますね。

古い角質・厚い皮を取る事によって・・・

メリット

  • (お決まりの)足の臭い削減
  • (お決まりの)ガサガサ除去
  • 足の汗腺復活

デメリット

  • コスト
  • 処理中、活動できず
  • 剥けきるまで数日かかる
  • 手間
  • 定期的にやる必要

 

軽石などこする系アイテムとの比較

角質除去なら軽石とかで削れば良いのでは?

と多くの方が思うかと思います。

たしかに目的が同じなので、「一定の効果」は期待できます。

パックとのメリット・デメリットの比較をしてみましょう。

とは言っても完全に個人の「好み」となると思います。

優劣は付けれれないですね。

 

手間

  • パック:数週間・数か月に1回、40~60分間、剥がれ終わるまで数日(MAX1週間位)
  • 軽石:数日おきに、数分~数十分、お湯でふやかす必要あり(湯舟などのついでが多い)

コスト

  • パック:500円弱(一般市場価格)
  • 軽石:ピンキリ(100均から数千円する物まで多種多様)

仕上がり

  • パック:足裏だけではなく、足指の周り、側面、足の甲まで溶液が付いた所はペリペリ剥けます。適度な厚さが自動で剥ける
  • 軽石:実際こすった箇所のみ、好みの厚さを自分の判断で削れるがやり過ぎると怪我する、テクにより削りムラができる

 

総括

パック

1時間ほど取られてしまい、アクションまで行動力が要求される。また、完了まで数日かかり、皮膚がボロボロ落ちるのもデメリット。

メリットは、溶液に浸した所が良い感の厚さを自動で剥いでくれる所。削り過ぎとかの心配もない。また、足の指など軽石などではやりづらい部位も綺麗に剥げる。終わった後の快感度は断然パックが優勢。

軽石

デメリットは高頻度でやらないと駄目、ふやかす必要、削り加減が難しい、高性能な物は高額、疲れる。足指とか足の甲は難しい。

メリットは100均などでも売っており、割とすぐ行動に移せる。やった後はすぐ効果を感じる事ができる。お手軽感なら軽石に軍配。

 

まとめ

 

足の火照りの原因は複数ありますので、今回の手法が有効かどうかはやってみないと分かりません。

マッサージとか、足を高くして寝るとか、色々対策はありますが効果が得られないなら試してみる価値はありますね。

実際、当方は効果がありましたし、ガサガサが取れるし臭い対策もオマケとしてできますので副産物も大きいです。

素足を出さない時期やシチュエーションかつ、足の火照りが気になるならぜひお試しあれ。

 

あ、あとこの手の商品は沢山種類がありますが、、、

保湿がしっかり~

香りが良い~

等々剥ける以外のメリットを、変にうたった類似品はあまり効果が期待できません。。。

ご注意あれ。

 

 

 

-【番外編】知識
-

© 2023 WBC情報局 Powered by AFFINGER5