【番外編】知識 自転車 旅行 ファットバイク 沖縄上陸作戦 ファットバイク 2018 石垣島上陸作戦

飛行機輪行 国内線の従価料金制度のある航空会社一覧

 

飛行機輪行する際、けっこう気になる補償関連。

航空会社によっては「従価(じゅうか)料金制度」なるものがあり、

申告額に応じて保険を掛けられる仕組みがあります。

今回は、従価料金制度のある航空会社を調べてみました。

 

従価(じゅうか)料金制度とは

 

「申告額に応じた割増料金(=従価料金)を支払う事により、補償限度額を申告額まで引き上げる制度」

※実際の賠償額は、補償限度額内で正当・妥当と認められるその物品の価格を元に算出。

 

簡単に言ってしまえば保険です。

 

大手航空会社では15万円までは自動的に保証が付いており、

それ以上に補償を掛けたい時は、1万円あたり10円づつ支払えば通常の15万以上を超えて保険を掛ける事が出来ます。

 

ただ保険と明確に違うのは、航空会社に過失がある場合のみですので、注意が必要です。

さらに自転車に関しては「補償対象外」ですので、ちょっと注意と言いますか認識が必要です。

 

自転車に対する従価料金制度の効果は

 

結論から言ってしまうと

 

「一定の効果はある」

 

です。

 

一定ってなんだ?となりますよね。

 

従価を掛ける目的

  • 自転車自体に従価料金制度を掛ける事はできるが、補償はしてくれません。
  • 補償は無いが「高額品」としてスタッフ間で認識・共有してくれて「丁寧な扱い」をしてくれる。

 

が主な特徴となります。

補償ないの?!

ってなりますよね。

実は航空会社のHPには以下の様に説明があります。

 

ANAより引用

免責事項

手荷物の取り扱いには十分注意いたしておりますが、楽器・スポーツ用品(サーフボード、ウィンドサーフィン用具、スキューバギア、自転車など)・カメラ・パソコン等の電子機器・精密機器・美術骨董品・陶磁器・ガラス製品・酒類などの壊れ易いものは、固有の欠陥、または性質から生じたものである場合には、万一損害が生じてもその責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。

との事です。免責事項として公表してます。

 

よって、補償は無いが高価な物として丁寧な扱いはしてくれます。

(かと言って破損が皆無かと言えば、そうではないので誤解無きよう)

なので、最初に申し上げた「一定の効果はある」という表現になります。

 

国内線航空会社一覧

 

まずはお馴染みの航空会社2社

航空会社名《レガシーキャリア》従価料金制度補償の有無
JAL× HPへリンク
ANA× HPへリンク

 

次にLCC等の航空会社数社

航空会社名《リージョナル航空会社》《LCC》従価料金制度補償の有無
エア ドゥ△ 状況次第 
スカイマーク× HPへリンク
ジェットスター××
ソラシドエア× HPへ
スターフライヤー× HPへ
ピーチ△ 国際線のみ× HPへリンク
バニラエア△ 国際線のみ× HPへリンク
春秋航空△ 国際線のみ×

 

※①2020月年10月現在の情報となります。

※②航空会社名に従価料金の記載のあるページへのリンクが貼ってあります。

※③従価料金制度のない航空会社は、TOPや受託荷物ページが表示されます。

※④補償の有無の欄は、規約のページへのリンクが貼ってあります。

※⑤エアドゥに関しては、会社に責任がある場合従価の申告額を限度に補償あり。
ただ、支払われる保険とは区別されています。

 

まとめ

 

JALやANAでは従価料金のかかった荷物は「かなり丁寧」に扱ってくれてました。

LCC各社がどんな対応なのかは現状不明ですが、次回輪行する際はぜひ利用してみようと思います。

 

以前投稿した自転車旅行 ファットバイクで宮古島・沖縄本島へ飛行機輪行 出発編

でご紹介した

「飛行機輪行で嫌な思いをしたくなければ、従価料金制度がある航空会社を利用した方が無難」

これは揺るぎない事実です。

 

仮に35万円分の従価料金を掛けても、200円(20万円分上乗せで)の実費で済みます。

補償自体は基本的に無いですが、高額荷物という認識はスタッフ間で認識されます。

「壊れやすいので、丁寧に扱って下さいね!」と預ける時に口頭で言っても、普通に荷下ろしとかの時はブン投げられます(笑)

『ガチでヤバイ物が入っている荷物』と全員が認識できないと、丁寧な扱いは期待できません。

 

こうする事で「取扱い」はかなり慎重になりますので、荷物の上げ下ろしで手荒な扱いは極端に減ると思われます。

たった数百円でこれらのメリットを享受できるのなら使わない手はありません。

 

しかしレガシーキャリアは周知の事でしたが、意外にもLCCで実施している会社があるとは…。

私が沖縄旅行編で利用したジェットスターに無かっただけで、スターフライヤーやスカイマークは普通にあったとは…。

リサーチ不足としか言えません。

 

 

-【番外編】知識, 自転車, 旅行, ファットバイク 沖縄上陸作戦, ファットバイク 2018 石垣島上陸作戦
-, ,

© 2021 WBC情報局 Powered by AFFINGER5