W:ワークアウト、B:自転車、C:コーヒー関連の情報発信

WBC情報局

自転車 パーツ パーツ系レビュー

クローム クルスク プロ 2.0 CHROME KURSK PRO 2.0レビュー

投稿日:2017-03-04 更新日:

今回の沖縄旅行で少しでも「楽」をしようと邪な考えが出て来てしまい、SPDシューズを購入しました。

ペダリングで楽をし、徒歩時も楽をしようという算段です。

それがこちら。

 

クロームのクルスクプロです。

外観

化粧箱が格好良いですよね~。

今回購入のカラーは「グレー」です。

一般的には黒が人気のようですね。

今回の旅行で、自転車⇒黒、服装⇒基本黒系の為、あえてグレーをチョイスしてみました。

クリート装着

まずは裏面の「フタ」を六角で取ります。サイズは4です。

ちょっと分かり辛いですが、ネジの受け部分は左右2個、上下にあります。しかも上下に可動式。

細かいポジションが設定出来ます。

クリート設置後の画像です。とりあえずど真ん中で設定。実際ペダリングしてみて調整していきます。

ポイントは横から見た時の「出っ張り具合」がSPDはキモです。

1mm位でしょうか。微妙に出てます。歩くと削れます。

恐らくクリートの取り付け位置の工夫である程度緩和出来そうなんですが、ペダリングのポジションとの兼ね合いがありますので安易な調整はしない方が無難でしょう。

履き心地

今回購入のサイズは26.5cmです。参考までに左から私の足と、DC、クローム、コンバースを並べてみました。

DCは27.0cm、クロームは26.5cm、コンバースは26.5cm。

長さは問題無し。沢山のレビューにある通り、いつもチョイスするサイズで問題無い長さです。

が、

横幅が狭い傾向の作りです。タイトと言いましょうか、右横のコンバースのオールスター系に似ている作りです。

欧米人向けなんでしょうね。私はコンバースがけっこうきつく感じるため、恐らくクロームも長時間は厳しいかと思われます。

紐である程度広げられますが、純正の紐は非常に短い為別途用意した方が良さそうです。

当初はクロームを最初から最後まで履いて行き荷物を減らそうと考えましたが、やはり旅行先に行って自転車で徘徊する際に履くだけにとどめようと思いました。

あ、最後に重量は左右合わせて約1kgとなっとります・・・。

実際ペダリングすると、SPD-SLよりは一体感は無いもののフラットよりは明らかに楽に回せます。当然重さもあまり感じません。

まだ長距離を乗って無い為、また何か発見したら追記します。

 

-自転車, パーツ, パーツ系レビュー
-, , , ,

Copyright© WBC情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.