W:ワークアウト、B:自転車、C:コーヒー関連の情報発信

WBC情報局

【番外編】知識 時間を作って自由な時間を!

【番外編】値下げ販売を狙え!NA-VX9900R 最近の洗濯機って凄い・・・

投稿日:2019-09-05 更新日:

Panasonicの人気洗濯機、「NA-VX9900R」のレビュー記事となります。

2018年9月に入り、新型の「NA-VX900AL/R」が発表されました。発売は11月ですが、旧型のNA-VX9900Rは家電量販店とかで値下げ販売が期待できます。

購入を考えている方への参考になれば幸いです。

楽して時間捻出して、趣味や休息に時間を充てましょう。

NA-VX9900R購入しての感想

 

家電なんて壊れるまで使って、ようやく買い替えを検討するのが普通では?

 

今回は10年使った洗濯機がとうとう不調気味になったので、購入に踏み切った次第でした。

 

でも・・・、当初はNA-VX9900Rなんて高級な洗濯機を購入する予定なんて無かったんですが。

 

なんせ市場価格23万位しますから。。。汗

 

結果的には「買って大正解」だったという事。

 

そりゃ、こんな高額アイテム買って「微妙・・・」と思いたくないですけど、使ってみたら値段相応な納得感があったので記事にした次第です。

 

こんな方におすすめ

  • 洗剤投入とか面倒に感じる人
  • 仕事が忙しく、洗濯の為に時間を調整したくない人
  • 大家族で洗濯の量が多い家
  • 衣服の黄ばみが気になる
  • 加齢臭など臭いが気になる
  • 洗濯物干すの面倒な人

 

以下に数点おすすめポイント記載してみます。

 

その前にちょっとした序章と言いますかハプニングもありました。。。

 

洗濯機買い替え作戦【失敗編】

 

実は今回NA-VX9900R購入の前に「とある洗濯機」を購入してたんです。

 

アマゾンのプライムセールで5万円ちょっととドラム式としては破格のやーつ。

 

某新興?メーカーで温水洗浄に特化した洗濯機です。

(ここまで書くとメーカーと機種名がバレそうですが)

 

んで、納品されて初回の洗濯をしてみたら・・・

 

豪快に水漏れしてるぢゃーーーーん!!!

 

いや~、びっくりしました。

 

ドラム部の下部からダダ漏れ。。。

 

その時の写真がこちら

 

んで、メーカーに問い合わせして返品対応と。

 

この洗濯機購入時に、今まで使用してたの処分してしてしまっていたので・・・。

 

お陰でそこから1ヵ月間コインランドリー生活。。。

 

んで、晩酌して良い気分の時に「勢い」でポチったのが今回のNA-VX9900Rです。

 

「安かろう悪かろうなら、一番お高いモノなら大丈夫!」と意味不明な理由で購入に踏み切ってしまいました。

 

結果的に良かったものの、我ながらちょっと恐ろしい行動でした。

 

ちょっと反省。

 

サイズ感

 

デカイです。ドラム式ってこんなものなのか?

 

縦型式に比べると明らかにデカイです。

 

でも、さすがは日本製。

 

通常のアパートやマンションの入り口には入る設計の模様。

 

相当変な規格の物件で無ければ安心して購入できそうです。

(購入前にはサイズを測るのが一番間違い無いですよ)

 

 

NA-VX9900Rの良い所

 

ようやく本題。

 

まー、メーカーHPや色んなブログで紹介されてますので、今更感ありますが。

 

ざっくり一言で表現すると「現時点で全部入りの洗濯機」

 

ポイント

  • スマホで出先から操作できる(事前準備必要)
  • 温水洗濯が出来る(15・30・40・60°)
  • 洗剤自動投入
  • 温水泡洗浄
  • ヒートポンプ乾燥方式(電気代安く済むタイプ)
  • ナノイーXで除菌と汚れ分解

 

他におしゃれ着洗いやダニバスターなど機能的にはまだまだありますが、目立った所はこんな感じです。

スマホで遠隔操作できるのはまだパナソニックしか無いんじゃないかな?

 

パナソニックの公式YouTube動画でだいたい網羅できます(笑)

 

やっぱ文字より動画だよな~。

 

当サイトも動画始めようかしら。

 

 

 

 

スマホで出先から操作できる

 

「それって意味あるの?」と会社の同僚にも聞かれました。

 

はい、実はこの機能はかなり使えます。

 

事前準備として、外出前に「電源オン」と「遠隔ボタンオン」の必要がありますので、突発的に「洗濯しよっと」というのはできません(笑)

 

で、何が使えるかと言うと「帰宅時間に合わせた洗濯が可能」という事。

 

これって地味に便利な機能なんです。

 

普通「予約」機能ってのがありますよね?

 

でもあれって、特定の時間にしか着地点を設定できないですが、スマホで操作できるって事は「時間変更」が可能という事なんです。

 

残業や交通渋滞など、突発的な遅れに見事に対応できちゃいます。

 

これができないと…、洗濯機の中で放置されて生乾きの臭いが出る原因になります。

 

 

あと、アプリを経由して洗濯の進捗をお知らせする機能もあります。

 

 

洗濯セットしてお買い物とか行っても、お知らせしてくれるので便利です。

 

温水洗濯が出来る(15・30・40・60°)

 

これは個人的に絶対外せない機能でした。

 

白いワイシャツなど、普通に洗濯してしまっておくと首回りなど黄ばんでしまう事ありますよね。

 

数回しか着てないのに。。。

 

結局のところ「普通の常温水洗濯」ってのは、皮脂は完全に落ちていないんです。

 

でも温水洗浄だと飛躍的に洗浄力が上がる事が実験で証明されてます。

 

 

洗濯のプロ、クリーニング店が50~60°の温水洗濯ってのは有名な話。

 

洗剤も活性化しており、皮脂も溶けだす温度を更に超えた状態です。

 

そりゃ綺麗になりますわな。

 

でもこの機能、「今の時代は自宅で可能」になっているという事です。

 

ココがポイント

皮脂の溶ける温度は40~60°で急激に溶けだす

 

温水洗浄すると、バスタオルなど使用した後に「生乾き臭」が出る事が無くなりました。

 

つまり、繊維中の皮脂汚れがしっかり落とされている事が推測されます。

 

 

洗剤自動投入

 

この機能も慣れてしまうと元に戻れない機能です。

 

恐らく各メーカー、今後は標準搭載してくる機能でしょう。

 

基本設定で水●Lに対して、洗剤●mlという具合に設定が出来て、洗濯物次第で変更する事も可能。

 

 

 

注意

自動投入に対応しているのは「液体合成洗剤のみ」です。

次の洗剤は手動のみとなりますので、ご注意!

  • 粉末合成洗剤
  • おしゃれ着用液体中性洗剤(毛・絹用)
  • 液体石けん(「そよ風」とか)
  • 容器に「使用量の目安表示」がないもの
  • 漂白剤

粉石けん・重曹は手動・自動投入のどちらもNG。

 

 

「これ以下」と書いてあるラインまで注ぐことができて、洗剤は約870ml、柔軟剤は約580mlまで入れることが可能です。

 

 

我が家では30Lの水量だと87回分もの洗剤になります。

 

実は我が家の設定は、洗剤メーカー指定の量の「半分」の量で設定してます。

 

その理由は。。。

 

我が家ではこんなアイテムを使ってます。

知ってる人は直ぐ分かるかと。

 

そう、洗剤の量を減らして洗濯できちゃう夢のアイテム。

 

マグネシウムで、普通の水を洗浄効果のあるアルカリイオン水に変化させるとかナントカ。。。

 

これ1個で洗剤を半分にできます。もちろん洗浄力は変わらず。下手すりゃ上がります。

 

2個使用すると洗剤不要です。

 

別角度で考えると、「すすぎの時も洗浄出来ている」という見方ができます。

 

普通は「洗い」⇒「すすぎ」⇒「脱水」という工程で、すすぎは洗剤を落とす工程という認識だと思います。

 

でも、このアイテムを使うと真水がアルカリイオン水になるので、それ自体が洗浄力を持った水になるわけです。

 

ミソは「すすぎで洗剤という化学物質を落としつつ、更にただの水で追加洗浄が出来ている」という嬉しい副産物。キタ━━(☆∀☆)━━!!!

 

これはかなりおすすめ出来るアイテムです。

 

使い終えたらプランターの植物に与えると、栄養分になる模様。

これも凄い効果。

 

温水泡洗浄

 

泡洗浄なんて、普通の洗濯機でもそうなんじゃないの?

 

と私も思いましたが、調べてみると違うんです。

 

普通の洗濯機は「結果的に泡立っている」って状態。

 

んで、温水泡洗浄は「最初から泡立てている」状態。

 

つまり最初から泡立っている為、洗浄力が違います。

 

例によってパナソニックの動画をどうぞ(笑)

 

 

 

ヒートポンプ乾燥方式(電気代安く済むタイプ)

 

この方式はドラム式を狙って調べている方は、よくご存じの乾燥方式ですね。

 

本体価格が高くなりますが、電気代が結果的に安く済みますのでランニングコストが気になるお宅、一例だと大家族でブンブン洗濯機回すお宅とかはこっちが正解かもしれません。

 

 

 

ココがポイント

乾燥1回あたり25円!

 

コインランドリーでの料金考えるとかなり安いですね。

 

ナノイーXで除菌と汚れ分解

 

主な効果は以下の通りです。個人的には花粉とプレ洗浄ですね。

 

 

通常必要なメンテナンス

 

一つだけ面倒な手間をあげるとすると・・・

 

乾燥後のフィルター清掃ですね。

 

これは乾燥機能を使ったら毎回行う必要があります。

 

上部にあるフタを取ると、サブフィルターが見えます。ここにも少し付着してますが、メインのフィルターはもっと凄いことになってます。

 

 

これがフタ兼メインフィルター。1回の乾燥でこうなります。

 

分かりやすい様にちょっとめくってます。

 

 

実はこのホコリの塊は手で簡単にはがれます。

 

完全にキレイにするなら、使用済み歯ブラシでさっとキレイにできちゃいます。

 

所要時間1分。

 

手間と言えば手間なんですが、そこまで大変ではありません。

 

万が一やり忘れても洗濯機本体からお知らせが出ますので、直ぐ分かります。

 

まとめ

 

この洗濯機は、はっきり言って高額家電です。

 

でも最初に記載した「こんな人におすすめ」欄に該当するなら、一考の価値は十分にあります。

 

時間を捻出できますので、副業などにしてる人は迷わず購入で良いと思います~。

 

洗浄力に関しても、一般的にはドラム式は縦型より劣ると聞きますが。。。

 

今回は10年前の洗濯機と比較になりますので、断然こっちのドラム式の方が洗浄力が上です(笑)

 

現在の市場価格が23万位、新型発表(つまり型落ち)してますので家電量販店では交渉してみる価値は十分ありそうです。

 

ネット通販でもポイントなどを絡めて23万を割ってきているショップもありますね。

 

20万以下まで交渉できたら成功なんじゃないかな~と思います。

 

ただこの手の狙い方は皆知っているので、在庫がどんどん無くなっていく事を考えると運も左右するかも。。。

 

色は2色あります。我が家は「ノーブルシャンパン NA-VX9900L-N」の右開きドアです。

 

ノーブルシャンパン NA-VX9900L-N

11月に新型が出る事が確定してますが、狙い目はこちら。型落ち扱いですが能力は現時点で最高レベル。わざと型落ちで値崩れを狙う方も沢山いますしね。買い替え考えているなら、一考の価値あり。

楽天で探す

Amazonで探す

 

色違いで「クリスタルホワイト NA-VX9900L-W」と言う白基調もあります。これも左右ドアのラインナップがありますね。

クリスタルホワイト NA-VX9900L-W

11月に新型が出る事が確定してますが、狙い目はこちら。型落ち扱いですが能力は現時点で最高レベル。わざと型落ちで値崩れを狙う方も沢山いますしね。買い替え考えているなら、一考の価値あり。

楽天で探す

Amazonで探す

 

そして、洗濯マグちゃん。

多少なりにも洗剤の化学物質が気になる方、洗剤代を少しでも浮かせたい方は迷わず購入でOKです。

洗濯用洗浄補助用品 洗たくマグちゃん ピンク x2個 セット

マグネシウム粒が入った洗濯アイテム。1個で洗剤が半分、2個で洗剤不要となります。洗剤コストを落としたい方、また肌への影響を考えて、洗剤を限りなく少なくしたい方は必見のアイテムです。

楽天で探す

Amazonで探す

-【番外編】知識, 時間を作って自由な時間を!
-,

Copyright© WBC情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.