珈琲 焙煎 生豆

【珈琲焙煎】1回の焙煎で複数の熱源を使用してみた件

タイトル通り、1回の焙煎で2種の熱源を用いて焙煎してみた検証記事です。

マニアックな内容となりますので、耐性の無い方は閲覧注意です。

 

遠赤外線(熱風)からの直火焙煎

 

今回の焙煎は2019年最後の焙煎と言う事で、ちょっとした試みをしてみました。

以前より構想はあったのですが、イメージばかり先行してしまい、なかなか実行できてませんでした。

 

今回は「とりあえず実施」でやってみた次第です。

 

流れ的には、「遠赤外線で蒸らし」からの「直火で焼き」という感じ。

 

もしかすると、既に実践されている方もいそうな案件ですが。

 

結論

 

先に結論を言ってしまうと・・・、

 

結論

  • いつもの焙煎より美味しくできた
  • 1ハゼが大きい音で鳴る
  • 熱源チェンジの仕組みを再考する必要あり

 

こんな感じ。

 

たぶん原理的にも理にかなっている可能性が高いです。

 

焙煎の流れ

 

当方のいつも焙煎は、以下の画像の様にバーナー上に溶岩石を置いて、遠赤外線を発生させつつ熱風をシリンダーに送る「半熱風式」を採用してます。

 

 

 

今回は「蒸らしまで」溶岩石を設置、「焼き」の段階になったら溶岩石を撤去して「直火」で仕上げ。

 

 

熱源を変えるメリット・デメリット

 

本日は3回焙煎しましたが、色々見えてきました。

 

豆は「コロンビア スプレモ」、「モカ シダモ G1 タデGG ナチュラル」、「ブラジル サントス」。

 

12月上旬に「松屋珈琲」さんから購入の豆。

 

メリット

 

  1. 直火での「蒸らし」はテクが要求されますが、今回の手法は容易になる
  2. 仕上げの焼きは直火のため、香ばしさが半熱風より上
  3. 1ハゼ音が大きい(気分的なものですが)

デメリット

 

  1. 熱源の変更時、手間がかかり若干豆の温度を下げてしまう
  2. コストがかかりそう

デメリットと言うか、要改善点といった感じ。

 

メリット・デメリット総括

 

メリットに関しては、上記の通りでかなり良い感じです。

 

恐らく直火単体・半熱風単体で実施するより、「簡単で美味しく」できると思います。

 

デメリットに関しては、「細かい粒の溶岩石使用は無理がある」という事。

 

モノ自体の遠赤外線性能は問題ないのですが、直火にチェンジする際の撤去が大変です。

 

この際、焙煎中の豆の温度が下がってしまう可能性が高いです。

 

なので、改善するならセラミックプレートなどを用いて撤去する個数を減らす事。

 

でもセラミックプレートって高いんですよね~~~。

 

なので、とりあえず同じ溶岩石で「プレート状」のモノを注文してみました。

 

1,000円以下。万が一失敗してもお一人様用焼肉プレートにしちゃえば良いです(笑)

 

溶岩プレート13x13x1.5cm お試し

サイズ(約):13×13×1.5cm・重さ(約):650g

楽天で探す

Amazonで探す

 

このアイテムが到着後に、もう一度焙煎して再度追加記事としてアップしたいと思います。

 

もしくは遠赤外線の熱源を可動式にして、釜を持ち上げる事なく直火に変更できる仕様にするか・・・

 

 

久々焙煎機の改造しちゃいますか・・・?!

 

 

 

-珈琲, 焙煎, 生豆
-, ,

© 2020 WBC情報局 Powered by AFFINGER5