W:ワークアウト、B:自転車、C:コーヒー関連の情報発信

WBC情報局

珈琲

コーヒー豆の保管と消費期限

投稿日:2016-07-07 更新日:

『コーヒー豆は生鮮食品である!』

と、声高に馴染みのコーヒー屋のオヤジさんは言う。

以前は「何のこっちゃ?」と首をかしげてた。

でも自分で焙煎するようになり、その意味が分かってきました。

そこでコーヒー豆の消費期限について!

スポンサードリンク

 

豆の状態での賞味期限

  • 常温で2週間程度。
  • 冷蔵保存で1ヶ月程度。
  • 冷凍保存で2ヶ月程度。
  • 生豆は数年~数十年

粉の状態での賞味期限

  • 常温で3日程度
  • 冷蔵庫で10日程度
  • 冷凍庫で3週間程度

だいたいこんな感じです。

 

意外でしょう。粉で常温保管が3日なんて・・・。
まぁ、多少過ぎても全然飲めるんですけどね。
香りが極端に落ちたり、気温が高いと酸化して
酸っぱくなってたりと。そういった弊害が出てきますが。

コーヒー豆(焙煎後の豆)の大敵は

①温度
②酸素
③水分
④光

が劣化を早める最大の要因です。
あと、粉と豆で違いが出るのは、「表面積」の違いです。
粉にすると表面積の絶対値が大きくなる為、
酸素にさらされる面積が増えますので、当然劣化も早くなると。

ん?

そう考えるとスーパーなどの棚に乗ってる豆って・・・。

はい、言わずもがなです。。。

自家焙煎の豆屋さんで購入した豆と飲み比べてみれば
すぐ違いに気が付くでしょう。

はい、コーヒー豆は生鮮食品なんです。

コーヒー苦手な人のあるある

「酸っぱいコーヒーは苦手~」
「コーヒー飲むと胸焼けする」

などなど、本当に体質に合わない人以外はたいてい

「鮮度が古く酸化した」コーヒーを飲んでいる可能性が高いです。

本当に酸味のあるコーヒーは爽やかな酸味です。

あ、余談ですが真冬の寒い所で酸味のある浅煎りコーヒーは美味しく感じます。
世界でコーヒー消費量が多い北欧諸国はだいたい「酸味系のコーヒー」です。

さて、保管に関しては温度が低くなればなるほど良く、光を遮り
酸素を遮り水気のない所の保管が良いです。

ただ、冷蔵庫から頻繁に出し入れする場合は
一概に冷蔵庫・冷凍庫保管が良いかと言えばそうでも無いです。

理由としては、「結露」です。冷たい状態で常温にさらすと
水滴が豆に付きます。これが劣化を早める原因に。

あと、冷たい状態の豆は若干香りが少ないのです。
常温に戻してあげると香りも戻ります。

なので、毎日ガンガン飲む人は常温保存でもOKと。
当然数日で飲みきれる量が前提です。

最後に「生豆」

まぁ・・・、普通の人は全く見た事もないでしょう。
豆と言いますが、本当は種子なんです。
なので、種です。まんま種。

この生豆は保存が効きます。
数年から数十年と。
保存期間によって、呼び名が変わるのも面白い所。

ニュークロップからオールドクロップと色々あります。
この辺はいずれ詳しくご紹介しましょう。

スポンサードリンク

-珈琲
-, , , , ,

Copyright© WBC情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.