W:ワークアウト、B:自転車、C:コーヒー関連の情報発信

WBC情報局

珈琲

コーヒーにハマり出した方に送るお役立ち情報、「レシピ編」前編

投稿日:2016-07-16 更新日:

今回は色々なコーヒーのレシピについて語りたいと思います。
レシピ?って思うかもしれませんが、ドリップとか、エスプレッソとか
そうゆう事です。

スポンサードリンク

 

長くなりそうなので、今回はこの3点でいきたいと思います。

抽出の王道、ペーパードリップコーヒー

王道?

はい、すいません。完全に私の主観でございます(汗)
a1070_000143

ドリップに関しては多くの喫茶店やレストランで用いられてます。

また家庭用の器具も充実していますね。

家庭でコーヒー淹れる時は大半がペーパードリップでしょう。

メリットと言えば、「お手軽」、「ペーパーにコーヒーの油分が付く為、すっきりした味になる」

「器具によって様々な味が楽しめる」 こんなところでしょうか。

粉の粒度、抽出器具、これらの組み合わせで、かなり味の幅が出て来ます。

また、味の良し悪しを決めるのも抽出が大きく左右します。もちろん焙煎も大事なんですが。

豆の味がダイレクトに出る、フレンチプレス

あまり聞かない名前ではないでしょうか?

お好きな方はこれしか使わないと聞きますね。

構造は至って単純で、荒挽きに挽いた粉を容器に中に入れてお湯を入れる。

数分待ったら、「網」に付いた粉をこす器具でこします。

下手したらペーパードリップより楽かも。

もともとは紅茶の抽出用だったみたいですが、コーヒー抽出したらやたら美味かったと。

↑ こんな器具です。見た事ある方も多いのでは?

味の特徴は、「オイリーな味」、「その豆の持つ味がダイレクトに出る」

なので、豆を変えたらその味の特徴を楽しむにはもってこいかもしれません。

夏には欠かせない、水出しコーヒー

アイスコーヒーを作る時に用いる手法ですね。

↑ このようなパックに入った物を水に漬けておけば一晩位で簡単にできちゃいます♪

↑ こんなお洒落な器具もあります。喫茶店とかでたまに見ますよね。所有欲をくすぐります。

味の特徴は、「円やか」、「すっきり」、「あっさり」といった感じです。

アイスコーヒーは、お湯で抽出する手法と、水出しがありますが、味は全く別物となります。

お湯で抽出すると「香ばしい」味となります。でも、長くても数時間で香りが飛びます。

反面、水出しは香ばしさはそれほどで無いのですが、上記の様な特徴があり、味も香りもお湯よりは長持ちします。

忙しい方は作り置きしておいても重宝しますね。

まとめ

今回は3種類をざっくりご案内しました。詳しい器具の種類や、抽出方法など語り出したら止まらない可能性大なので、大枠でご案内した次第です。

今度折りを見て、各項目の細かい内容を語りたいと思います。

次回は、レシピ編後編となりますのでお楽しみ。

スポンサードリンク

-珈琲
-, , ,

Copyright© WBC情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.