W:ワークアウト、B:自転車、C:コーヒー関連の情報発信

WBC情報局

自転車 旅行 ファットバイク 石垣島上陸作戦

自転車旅行 ファットバイク八重山諸島上陸 1日目 黒島編

投稿日:2018-04-18 更新日:

 

自転車持って八重山諸島行ってみようの旅、いよいよ本編スタートです。

ファットバイクに限らず、ロードバイク持参でも参考になるかと思います。

初日は羽田⇒石垣島に上陸し、午後から離島の一つに行った感じです。

一つ目の離島は「黒島」です。

スポンサードリンク

 

石垣島より出発

まずは石垣島のフェリー乗り場にて腹ごしらえ。

定番のこちら。

そして向かうは黒島。

まずは石垣島のフェリー乗り場でチケット購入をします。

自転車も切符売り場まで持ち込んで全然OK。

なぜなら…

船輪行には2種類?の手法があります。

  1. 自転車を分解して入れ物に入れて「手荷物扱い」で乗り込む方法
  2. 自転車をそのまま船に積み込む方法

です。

1については色々な方のブログでご紹介されてますので、周知されてる手法なんですが…、

2に関してはあまり周知されていないと言いますか、お金がかかる為に、そんな利用する人がいない模様なのです。

自転車の積み込み料金

これ、実は今回主に利用していたフェリー会社の「安栄観光」のHPでも載せていないんです。

なので、当方は「輪行袋に入れて離島巡りをしよう」と計画してました。

んで、実際窓口で聞いてみるとそこまで高額では無い事を知る事になります。

なので、窓口のオネエサンにお願いして写真撮らせてもらいました。

ファットバイク以外にもロードバイクの方々にも参考になるかと思います。

スポンサードリンク

往復で1000円位でしょうか。

高い様に感じますが、手間を考えると…。

実はけっこうアリな料金なんです。

(絶妙な金額設定だな~と思いました)

その証拠に自転車持ち込んでいる人けっこういました。

下の画像はレンタル用の自転車なので専用の袋持ってないケースですが、他にもロードバイク持参の方々も皆そのまま積み込んでました。

当方も乗船前に「ガチャガチャばらして」、上陸後に「ガチャガチャ組み立てる」のが非常に面倒に感じたのです。

フェリー料金

今回は14・15・16・17日と主にフェリーで離島巡り、18日に与那国島に飛行機で行く予定にて、

「4日分」の乗り放題チケットを購入しました。

フリーパス4日券(波照間航路あり)  大人 11,000円 小人 5,500円 ってやつです。

その他のチケット情報は、安栄観光HPにあります。

この様に日付と航路を記載してくれ、チケットの発行をしてくれます。

当方は自転車持ち込みをお願いした為、この様な感じのチケット発行になります。

(本当は帰りに小浜島で渡すはずが、渡さなくても乗れた為持って来てしまいました)

だいたい自転車は邪魔にならない様に、最後尾か最前列になります。

自転車のまま積み込みのメリットデメリット

ちょこっとありますね。

メリット

  • 輪行袋の分の荷物が減り身軽になる
  • 上陸後の走り出しがスムーズ

デメリット

  • コストがかかる
  • 潮風&塩水にさらされる

こんな感じです。

スポンサードリンク

ハート型してて牛たくさんの黒島

ご存じの方も多いかと思いますが、

そう、ハート型してるんですよね。

こんな感じでハート型。

そしてたくさんの牛さん達。

もうそこら辺のたくさん放牧されてます。

展望台

道自体は単純なので、時折グーグルマップ見てれば迷う事は皆無です。

で、のんびり走っていると観光名所の一つ、展望台が出て来ます。

蟻塚みたいな展望台です。

上にはタイルで出来た地図があります。

こんな感じで見晴らしが良いです。サイクリング中には寄ってみたいスポットです。

仲本海岸

遊泳禁止になってましたね。たしかに海水浴するって感じのビーチでは無かったです。

スポンサードリンク

伊古桟橋

黒島の有名な観光スポットでしょう。

けっこう長い橋(防波堤って感じ)です。

橋の上から黒島を見た絵

青丸の箇所が伊古桟橋です。

これと言って何がある訳でも無いですが、ここも見晴らしが良く爽快な気分になりますね。

ずっと遠浅になってますので、海中のお魚見ながら行けます。

おすすめ。

その他写真

基本的にアスファルトの道路です。しかし後ろの家は派手な色使いですね。

舗装路から一歩道を逸れるとこんな道もあります。これはこれで良い感じ。

フェリー乗り場前には牛のオブジェがあります。

リアルな牛とのツーショットが怖い方は、こちらで良い感じに撮影できます。

ぱっと見そんな透明度高く無さそうですが、実はけっこう透明なんです。

夕方&曇り空だったので、こんな画像になってます。

先ほどの「伊古桟橋」に似てますが、ここはフェリー乗り場の近くの防波堤です。

スポンサードリンク

石垣島に帰還

さらっと黒島を周り、石垣島に戻りました。

冒頭では記載してませんでしたが、始めにホテルに行って荷物を預かってもらい、黒島に行ったのですが・・・。

実は大荷物抱えてバス停から東横インまで1km位歩いたのです。

けっこうきつかったです。

ファットバイクも梱包されたままでしたので。

近いと言えば近いのですが、欲を言えば更に近い方が絶対楽です。

離島巡りするなら、フェリー乗り場に「限りなく近いホテル」を取る事を強くオススメします。

もちろん高額になるケースもありますので、お財布と相談してのチョイスとなりますが。

ホテルに行く途中に発見した標識。

おぉ、稚内まで2800km以上あるんですね。台湾の方がずっと近いとは。。。

1日目の夕食

初日から爆走したせいで、実は疲労困ぱい(笑)

なので、手軽にステーキと行きました。

え?石垣牛?

いえ・・・普通の海外産の肉を使用したステーキ屋さんです。

沖縄に展開している

「やっぱりステーキ」石垣店

に行きました。

まさか適当に入ったこのお店が運命の出会いになるとは・・・。

入ってから知ったのですが、ご飯とサラダ、スープはおかわり自由なんですね!

疲れきった身体には嬉しいサービス。

初日は「ヒレ300g」2,380円。

安いか高いかは人それぞれって事で…。

かなり空腹でしたので、400gでも良かったかもしれません。

ご飯3杯(2合以上)食べました。

で、ホテルに戻って晩酌&デザート。

滞在中はお決まりの「オリオンビール」。

疲労困ぱいでこの日は直ぐ寝ました。

明日は今回の旅のメインの一つ、「日本最南端」の波照間島に行く予定。

天気予報も「晴れ」予報。

朝食は噂の「あそこ」に行ってみます。

次回に続く。。。

次の記事:自転車旅行 ファットバイク八重山諸島上陸 2日目 波照間島編

前の記事:自転車旅行 ファットバイク八重山諸島上陸 準備~出発編

最初の記事:いざ沖縄へ!2018年石垣島&離島ファットバイク上陸作戦

スポンサードリンク

-自転車, 旅行, ファットバイク 石垣島上陸作戦
-, ,

Copyright© WBC情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.