W:ワークアウト、B:自転車、C:コーヒー関連の情報発信

WBC情報局

パーツ 旅行 ファットバイク 沖縄上陸作戦

自転車旅行 ファットバイク沖縄上陸 準備・輪行袋梱包後編

2017-03-15

前編では輪行袋とエンド金具についてでした。

後編では実際の梱包の様子を記載していきます。

スポンサードリンク

 

フロントブレーキの養生

まずはお馴染み「プチプチ」です。通販時に付いてくるのをキープしてても良いですが、ホームセンターでこの様なサイズで500円しない位で購入できちゃいますので、急いでいる時は買ってしまってもアリかと思います。

 

まずはディスクブレーキにスペーサーをかませます。そうしないと、ブレーキを握ってしまうと、中のブレーキパッドがくっついてしまい面倒な事になってしまう為です。

次にプチプチをブレーキ全体を覆える位の大きさにカットします。

ブレーキ全体を覆います。で、ガムテープで留めます。

更に心配なので段ボールで作成した自作のプロテクターを装着。

下から見るとこんな感じです。

ポイントはスルーアクスルの穴を塞がない様に養生してあげる事です。

もっとも、エンド金具を先に付けてしまってもアリですよね。

全体の梱包の様子

はい。

お約束です(笑)

付属のタイヤ入れには4.8インチタイヤは全く入る気配がありません。なので今回は未使用となります。

 

お次はチェーン周りの養生です。とは言ってもこの辺はチェーンオイルが他に付着しない様にするのが目的になってます。手持ちのシーコン製のチェーンカバー使ってます。

 

その後はディスク周りの養生。画像の通り、プチプチを余裕を持ってカットして3重位の厚みで養生します。

画像では固定にマジックベルトを使用してますが、ビニールテープとかでも良いと思います。黒くて四角いのは緩衝材用のスポンジです。

お次はハンドル外しです。

ハンドルもプチプチでしっかり養生します。シフトレバーやブレーキレバーがある為です。
養生後はフロントサスにしっかり固定します。

その際ちょっと心配になったのが、画像の人差し指部分、配線が引っ張られてピンピンになっちゃってます。
なので、若干余裕が出る様にハンドル全体を上に移動させて固定しました。

で、前輪をスプロケ側に固定します。

ちょっと分かりづらいですが、後輪と前輪を固定しているのがマジック製のベルトです、黒いのでちょっと見にくいですね、でフロントサス付近とタイヤを固定しているのが、ビニール紐です。よく雑誌とか縛る時に使うアレですね。

この際、前輪のディスク側をフレーム方向にしてます。理由としては、タイヤの厚みがある為、フレーム側にしてもフレームに接触する心配が無い事と、逆に外側に向けるとディスクの変形の心配があった為です。ちなみに、200mmディスク用のカバーをモノタロウで注文してましたが、間に合いませんでした・・・。2週間以上前に注文してたのですがね。。。

あと、リアディレイラーの保護が弱かったのでプチプチの座布団を作成して、画像の様にリアディレイラーを保護してます。プチプチの厚さは6層です。もっと厚くしても良いと思います

今回シートポストは抜いてます。純正のシートポストなんですが、一番下まで下げてもかなり出っ張る為です。

 

上から見た図

航空会社には前輪側を下にしてもらう予定です。前輪がクッションの役目になるかと予測して・・・。

 

こんな感じで梱包しました。

 

戻って来てからこの記事を書いてますので、ここで先に言ってしまうと・・・

「養生はもっと過剰にした方が良い!」

「100%横で飛行機に積まれる為、下になる側は今回の様に前輪を固定している側では無く、反対側の方が良いかも」

です。あ、傷や破損があったワケでは無いですよ。

その詳細は、帰宅後に気が付いた点でお知らせしますね。なるべく早く記事を書きますので。。。

to be continued ・・・

 

スポンサードリンク

-パーツ, 旅行, ファットバイク 沖縄上陸作戦
-, , , , ,

Copyright© WBC情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.