W:ワークアウト、B:自転車、C:コーヒー関連の情報発信

WBC情報局

自転車 ファットバイク 海外通販 Wiggle CRC

【FATBIKE】チューブレスVSチューブタイヤ転がり抵抗比較

投稿日:2017-09-13 更新日:

ファットバイクで最近人気のチューブレス化、もちろん軽量化としては有効な手段ですが、別アプローチとして転がり抵抗かの視点で見てみる事にしました。

今回は人気のタイヤ3種で、チューブレス状態とチューブ入り状態とで転がり抵抗の比較を行います。

 

スポンサードリンク

チューブレス化にしたファットタイヤ

まず結論から言ってしまいますと、

チューブレス化すると、チューブ入りと比べて「転がり抵抗が減少」します。

更に言ってしまうなら「低圧方向に向かうにつれ、転がり抵抗差は大きくなります」

テスト条件

今回のテストは海外の研究機関で実施された案件となります。

同日に同じホイール、荷重、速度、および圧力で実施。

環境

  • 速度29km/h(18mph)
  • 荷重42.5kg(94.5lbs)
  • 測定時気温摂氏21-23℃(華氏70-73℃)
  • 77cmのドラム上で実施
  • 120Wの電動モーターで回転
  • ドラムスピードは200RPM
  • ドラムプレートはダイヤモンドプレート
  • コンピューターによる測定

インナーチューブに関して

  • インナーチューブ:Schwalbe SV13Jブチルインナーチューブ360g
  • リム:Whisky No 9, 内径65mm

チューブレスに関して

  • シーラント:60mlチューブレスシーラント使用
  • リム:Whisky No 9, 内径65mm

テスト用タイヤ

  • Schwalbe Jumbo Jim LiteSkin 26 x 4.00
  • Specialized Fast Trak Fat 26 x 4.00
  • 45NRTH Van Helga 26 x 4.00

3種類のタイヤを同じ条件でテストしての平均値と、個別のテスト結果を出してます。

単一の空気圧だけでは無く、高圧から低圧まで測定を実施。

テスト結果

総重量

今回のテストでは、空気漏れ防止の為10gのチューブレスバルブを使用。

チューブレス化のセットアップ時には、使用される「バルブ」「シーラント」の重量を加味すると、一般的なインナーチューブの重量からですと重量アドバンテージは、ホイールあたり300g~500g間のどこかに着地します。

今回の試験では、バルブ10g+シーラント60g(約)⇒70g、

インナーチューブの重量が390gなので、差し引き320gがアドバンテージとなります。

ファットタイヤの除タイヤ重量

 チューブレス390gインナー
チューブ
タイヤを除いた
総重量
1,110g1,430g

転がり抵抗

予想通りチューブレスにすると転がり抵抗が低下します。また、空気圧が低いほどチューブレス化のメリットが大きくなります。

テストされた3本のタイヤの平均を見ると、20psi/1.4barの高圧時は、転がり抵抗差が4ワット付近が平均のようです。

6psi/0.4barの非常に低圧時はチューブレス化の方が10ワット近いアドバンテージを出してます。

 

今回テストされた3つのタイヤから、チューブレス化の優位性は同等である事が判明してます。

以下の検証データより、インナーチューブからチューブレス化に変換するときに得られるメリットを大まかに示していると思われます。

 

ちなみに注目点があり、今回使用されたインナーチューブは既に「ライト」ブチルインナーチューブの重量に該当してますが、シュワルベはそれをライトチューブと指定していない事です。

他のほとんどのインナーチューブは500g近いと思われます。

シュワルベSV13J(390g)のインナーチューブ以外のチューブを使用していたとなると、チューブレス化は更なる恩恵を得られる事となります。

3種類のファットバイクタイヤの平均チューブレスアドバンテージ

3タイヤの平均チューブレスアドバンテージ

 チューブレスインナー
チューブ
アドバンテージ
転がり抵抗
20psi/1.4bar
23.6ワット27.7ワット4.1ワット
転がり抵抗
16psi/1.1bar
25.6ワット29.8ワット4.2ワット
転がり抵抗
12psi/0.8bar
29.1ワット34.6ワット5.5ワット
転がり抵抗
8psi/0.55bar
36.3ワット43.8ワット7.5ワット
転がり抵抗
6psi/0.4bar
44.8ワット54.2ワット9.4ワット
CRR20psi/1.4bar0.007070.008300.00123
CRR16psi/1.1bar0.007670.008930.00126
CRR12psi/0.8bar0.008720.010370.00165
CRR8psi/0.55bar0.010880.013130.00225
CRR6psi/0.4bar0.013430.016250.00282

※CRR(Coefficient of rolling resistance)=転がり抵抗係数

スポンサードリンク

3種の各タイヤの詳細データ

Schwalbe Jumbo Jim LiteSkin 26 x 4.00

シュワルベジャンボジムのライトスキンはファットバイクタイヤの中では最も速いタイヤの一つです。

今回のテストでは6psi/0.4barの結果より、ジャンボジムの競争優位性は更に大きくなります。このタイヤでアスファルト道路をチューブレス化で走行すると、6psiではかなり速く感じるはずです。なにせ10ワット近くも変化がありますので。

シュワルベジャンボジムLiteSkin 26 x 4.00転がり抵抗

 チューブレスインナー
チューブ
アドバンテージ
転がり抵抗
20psi/1.4bar
19ワット23.3ワット4.3ワット
転がり抵抗
16psi/1.1bar
20.5ワット24.7ワット4.2ワット
転がり抵抗
12psi/0.8bar
23.6ワット28.7ワット5.1ワット
転がり抵抗
8psi/0.55bar
29.6ワット36.9ワット7.3ワット
転がり抵抗
6psi/0.4bar
36.7ワット46.4ワット9.7ワット
CRR20psi/1.4bar0.005700.006980.00128
CRR16psi/1.1bar0.006150.007400.00125
CRR12psi/0.8bar0.007070.008600.00153
CRR8psi/0.55bar0.008870.011060.00219
CRR6psi/0.4bar0.011000.013910.00291

Specialized Fast Trak Fat 26 x 4.00

スペシャライズドファストラックファットはシュワルベと比較すると少し遅くなります。空気圧6psi/0.4barに設定すると、チューブレスで45.1ワットになり、ジャンボジムの36.7ワットよりずいぶん高い数値となります。しかしながら、このタイヤはかなり厚めのサイドウォールを持っており、1.5mmもあります。この厚みはカット耐性が高くチューブレス化をする際にはメリットとなります。

スペシャライズドファストトラクトファット26 x 4.00転がり抵抗

 チューブレスインナー
チューブ
アドバンテージ
転がり抵抗
20psi/1.4bar
22.2ワット26ワット3.8ワット
転がり抵抗
16psi/1.1bar
25ワット28.7ワット3.7ワット
転がり抵抗
12psi/0.8bar
28.7ワット34.1ワット5.4ワット
転がり抵抗
8psi/0.55bar
36.5ワット43.4ワット6.9ワット
転がり抵抗
6psi/0.4bar
45.1ワット54ワット8.9ワット
CRR20psi/1.4bar0.006650.007790.00114
CRR16psi/1.1bar0.007490.008600.00111
CRR12psi/0.8bar0.008600.010220.00162
CRR8psi/0.55bar0.010940.013000.00207
CRR6psi/0.4bar0.013520.016190.00267

45NRTH Van Helga 26 x 4.00

ヴァンヘルガは巨大なノブを有するタイヤで、強力なグリップを発揮します。このタイヤの特性はシュワルベとスペシャライズドと明らかに異なるものであるが、チューブ入りとチューブレス化の違いに特化して見れば他の2種類のタイヤとかなり近いものがあります。

45NRTHヴァン・ヘルガ26 x 4.00転がり抵抗

 チューブレスインナー
チューブ
アドバンテージ
転がり抵抗
20psi/1.4bar
29.6ワット33.8ワット4.2ワット
転がり抵抗
16psi/1.1bar
31.4ワット36.1ワット4.7ワット
転がり抵抗
12psi/0.8bar
34.9ワット41.0ワット6.1ワット
転がり抵抗
8psi/0.55bar
42.7ワット51.0ワット8.3ワット
転がり抵抗
6psi/0.4bar
52.6ワット62.1ワット9.5ワット
CRR20psi/1.4bar0.008870.010130.00126
CRR16psi/1.1bar0.009410.010820.00141
CRR12psi/0.8bar0.010460.012290.00183
CRR8psi/0.55bar0.012800.015290.00249
CRR6psi/0.4bar0.015770.018620.00285

まとめ

ファットバイクにて当然転がり抵抗は大きいものとなりがちです。しかしながらフレームをカーボン化やホイールの軽量化、可能な限り軽量化を行っているわけですが、そういった視点から見た場合、ファットタイヤのチューブレス化は有効な手段となります。

インナーチューブを取り除くだけで8psi/0.55barの空気圧でタイヤ前後で15ワット、6psi/0.4barの低圧なら20ワットもの労力を節約できます。

サイクリストの平均出力が200~250ワットになると想定すると、余分な出力を10%も節約できる計算です。

チューブレス化と聞くとどうしてもビート上げで苦労するのではないか?シーラントの量は?

など不安や面倒な面を考えてしまいますが、今回の結果からすればその面倒も難なくクリアできるのではないでしょうか。

今回ご紹介したSchwalbe Jumbo Jim Evo LiteSkinはバージョンアップした

Schwalbe Jumbo Jim Addix MTB Tyre - LiteSkinという商品も登場してます。

超人気タイヤにてなかなか入手が困難な状態になってます。wiggleよりCRCの方が安価になっている為、CRCは売り切れが頻発している状態です。

セール時は即売してしまいますので、購入を考えている方は入荷し次第購入してしまうのが吉かと思われます。

関連記事:【FATBIKE】タイヤブランドごとの耐パンク性能一覧

関連記事:【FATBIKE】タイヤブランドごとの転がり抵抗一覧

関連記事:【FATBIKE】おすすめファットバイクタイヤ情報・第3弾

関連記事:【FATBIKE】ファットバイクのタイヤの種類と性能比較、後編

関連記事:【FATBIKE】ファットバイクのタイヤの種類と性能比較、SURLY(サーリー)・前編

関連記事:【FATBIKE】4.0から4.8インチへタイヤ交換

 

-自転車, ファットバイク, 海外通販, Wiggle, CRC
-, , , ,

Copyright© WBC情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.