W:ワークアウト、B:自転車、C:コーヒー関連の情報発信

WBC情報局

自転車 パーツ ロードバイク 海外通販 Wiggle PBK CRC

【ロードバイクタイヤ】人気ブランド転がり抵抗比較一覧

投稿日:2017-09-17 更新日:

数多くのロードバイクのタイヤ選びの際に気になるのが快適さやグリップ、重量など様々なスペックがあります。

今回はロードバイクの本質的な「転がり抵抗」についてのご案内です。

その中でも人気タイヤの転がり抵抗の比較です。

 

スポンサードリンク

人気ブランドタイヤのご紹介

測定は海外のラボで行われた測定結果となります。

まずは一覧表となります。

並び順は上から転がり抵抗が低い順に並んでます。

ブランドモデル年式価格帯サイズ
mm
重量転がり
抵抗
60 PSI
4.1 bar
転がり
抵抗
80 PSI
5.5 bar
転がり
抵抗
100 PSI
6.9 bar
転がり
抵抗
120 PSI
8.3 bar
VittoriaCorsa Speed
(open TLR)
'16チェック2322510.99.28.37.7
VittoriaCorsa Speed
(tubular)
'17チェック2320912.711.19.99.1
ContinentalGrand Prix
TT
'16チェック2519513.911.810.59.9
HutchinsonFusion 5
Galactik
TL
'17チェック2528814.612.311.010.1
SpecializedTurbo Cotton'16チェック2422415.012.511.110.1
PirelliP Zero Velo
TT
'17チェック2316314.612.211.010.2
ContinentalGrand Prix
SuperSonic
'17チェック2317915.012.511.010.2
MichelinPower
Competition
'16チェック2521216.613.611.810.9
SchwalbePro One
Tubeless
'16チェック2525714.812.811.611.0
ContinentalGrand Prix
Force II
'16チェック2419616.313.411.611.0
BontragerR4 320'162522616.413.912.211.5
ContinentalGrand Prix
Attack II
'16チェック2218217.914.612.711.7
SchwalbeOne Tubeless'14チェック2534416.313.812.511.8
VittoriaRubino
Pro Speed
'16チェック2520617.414.312.611.9
ContinentalGrand Prix
4000S II
'14チェック2521515.513.712.912.2
VittoriaCorsa G+
(open)
'16チェック2525516.314.112.912.2
SchwalbeOne V-Guard'14チェック2524316.614.012.812.3
VittoriaCorsa G+
(tubular)
'16チェック2528116.414.112.812.3
PirelliP Zero Velo'17チェック2521017.214.613.212.5
SchwalbeIronman
Tubeless
'15チェック2433616.614.513.512.9
VittoriaCorsa Elite
(tubular)
'17チェック2529818.115.413.612.9
VittoriaOpen Corsa
CX III
'14チェック2523716.914.813.613.0
HutchinsonFusion 5
Performance TL
'17チェック2532317.815.814.013.1
ChallengeStrada Pro'17チェック2525417.915.314.013.4
VeloflexCorsa'16チェック2520018.215.814.013.4
VittoriaRubino Pro III'14チェック2523818.616.014.013.4
SpecializedS-Works
Turbo
'16チェック2521519.616.314.413.4
ContinentalGrand Prix'14チェック2523918.515.914.514.0
SchwalbeUltremo ZX'14チェック2522919.516.315.014.1
MichelinPro 4
Endurance
v2
'15チェック2524519.116.314.914.2
ContinentalCompetition
(tubular)
'16チェック2528518.716.515.314.2
ContinentalUltra Sport II'15チェック2526718.916.414.814.3
HutchinsonFusion 5 All
Season TL
'17チェック2533519.116.815.214.3
MichelinPower
Endurance
'16チェック2523521.217.915.614.5
PirelliP Zero
Velo 4S
'17チェック2522020.217.615.914.7
VittoriaRubino
Pro G+
'16チェック2524822.318.216.014.8
MichelinPro 4 Service
Course
'14チェック2522220.117.616.014.9
MichelinKrylion 2
Endurance
'17チェック2526121.017.916.315.4
VittoriaZaffiro Slick'15チェック2539824.420.117.115.7
MichelinLithion 2'15チェック2526822.018.716.715.9
SchwalbePro One HT
(tubular)
'17チェック2530321.619.117.416.1
VittoriaRubino Pro
Control
'16チェック2529725.020.617.716..9
ClementStrada LGG'17チェック2522523.220.017.916.9
ContinentalGrand Prix
4 Season
'15チェック2521522.519.818.117.2
MichelinDynamic Sport'15チェック2530423.219.518.117.3
SchwalbeDurano'15チェック2525124.721.018.818.0
VredesteinFortezza Senso
All Weather
'15チェック2523424.621.819.718.0
ContinentalGatorskin'15チェック2525526.222.020.219.3
SchwalbeDurano Plus'17チェック2540026.422.920.719.7
MichelinPower
All Season
'16チェック2527527.824.522.721.3
SchwalbeLugano'16チェック2527528.424.421.921.9

 

TOP10のグラフ

 

  1. トップはビットリアのコルサスピードチューブレス。グラフから見るとぶっちぎりです。タイヤサイズは23Cなんですね。予想では25Cシリーズが来ると思ってましたが・・・。
  2. 2番手もビットリア。強いですね。こちらはチューブラータイプです。転がり抵抗はチューブレスに劣るものの、重量面で優位になってます。チューブラー好きはこちらで良いと思います。
  3. 3番手にコンチネンタルが来てます。グランプリTT、ここから25Cがちらほら出て来ますね。転がり抵抗はトップ2に劣りますが、重量が200g切ってます。コンチ信望者はこれで決まりでしょうか。

 

トップ10のタイヤ重量は総じて軽い作りになってます。

一つの目安を作るとなると、200gが目安になりそうです。

転がり抵抗を重視するか、タイヤ重量と重視するか、使用するシーンに合わせて選ぶと良いかもしれません。

測定ルール

  1. 77cmのダイヤモンドプレートに覆われたドラム
  2. ドラムを回転させるのは120Wの電動モーター
  3. 測定はコンピュータで測定
  4. 速度は200RPMに保持
  5. 30秒のウォーミングアップの後、測定を3回実施、その平均を採用
  6. 転がり抵抗⇒200RPMに必要な平均出力から、電動機の効率と200RPMの必要電力を差し引いたもの
  7. 42.5kgの負荷
  8. クリンチャーは共通のブチルチューブ使用
  9. 摂氏21.5~22.5度/華氏70~73度の室温で測定

 

まとめ

トップ3に関してもう少し、

1位のコルサスピードはとにかく速く走れる様に設計されたタイヤとなっており、重量もさることながらトレッド、サイドウォールのゴムは非常に薄く作られており、トレッド部の一番厚い部分で1.7mm、テスト対象のタイヤの中で最薄。ちなみに人気のコンチのGP4000SⅡは2.9mmです。

転がり抵抗は抜群ですが、そもそもこのタイヤ速度重視で長距離を走る設計では無いので、耐久性には期待をしない方が良いです。

 

2位のコルサスピードチューブラーは最大空気圧に特徴があり、最大で200psi/13.8barまで入れる事ができます。ちなみに1位のチューブレスは130psiまで可能です。
今回のテストではこのチューブラーは唯一140psiでテストを行い、その数値は8.8Wとなり転がり抵抗は更に軽くります。
そして最大値200psiにした場合は限りなくチューブレス130psiの数値に近づきます。

 

3位のグランプリTTも速度重視で薄く作られており、対GP4000SⅡと比較して寿命は35~45%付近まで低下すると考えられます。

当然ですが総じて「いかに速く走れるか」を重点にタイヤ設計がされてます。

別記事で耐パンク性能も掲載しますが、基本的に薄く作られており耐久性や寿命は弱く短くなっております。速さや軽さ方面に大きく振った結果でしょう。

 

タイヤ選びの際には色々な選択肢があり、着目点は人それぞれ。

使用目的に合わせてチョイスすると良いと思います。

また、上位に来ているタイヤは総じて速度重視で設計されてますのでロングライドや普段使いには向いていないと思われます。

関連記事

【FATBIKE】タイヤブランドごとの転がり抵抗一覧

ファットバイクのタイヤを選ぶ時、タイヤの幅に気を取られがちになりますが、幅以外にも「転がり抵抗」や「耐パンク性能」といった見方もあります。 今回は「転がり抵抗」に焦点を当ててみたいと思います。

続きを見る

関連記事

コンチネンタルGP5000 転がり抵抗・耐パンク検証

ついにコンチネンタルから最新型のタイヤが発売されましたね。 コンチネンタルグランプリ5000! 発売されて間もないですが、海外のラボで実験された転がり抵抗と耐パンク性能の検証結果が出てますのでご案内し ...

続きを見る

関連記事

【ロードバイクタイヤ】人気ブランド耐パンク性能比較一覧

前回は売れ筋ロードバイクタイヤの「転がり抵抗」に関するご案内をしましたが、今回は「耐パンク性能」についての記事となります。 タイヤ選定基準になり得る項目となります。  

続きを見る

関連記事

コンチネンタルGP4000S II23C・25C・28C転がり抵抗比較

コンチネンタルグランプリ4000S IIは近年最も人気のあるロードバイク用タイヤでしょう。 本記事はシリーズ内の23C、25C、28Cのサイズ毎の転がり抵抗を比較した結果となります。  

続きを見る

 

-自転車, パーツ, ロードバイク, 海外通販, Wiggle, PBK, CRC
-, ,

Copyright© WBC情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.